eTrex30を手なずける(地図を作る その2 カスタムマップ)

本題の地図作成に取りかかろう。eTrex30で使える地図のフォーマットは、次の3つがある。

eTrex30で使える地図のファイル形式
ファイル形式(拡張子) フォルダ 画像方式 用途 プロテクト
カスタムマップ形式(.klz) CustomMaps ラスター 基本地図にオバーレイする追加地図 なし
バーズアイ形式(.jnx) BirdsEye ラスター 衛星画像の配信サービスBirdsEyeで使用する あり
マップソース形式(.img) Garmin ベクター 基本地図で使用する あり

プロテクトの有るものは、有償で購入してプロテクトを解除しないと使えないのが原則。もちろん我らはそれを回避するわけだ。またたとえプロテクトが解除できてもeTrex30本体で使用できるが、BaseCampでは使えなかったりするので面倒だ。

地図ファイルにつての詳しい説明は、下記の亀氏サイトにある。

GARMIN GPS etrex30で使える自作地図の種類と特徴

まずは、一番簡単に作れるカスタムマップからとりかかる。有名な無償の地図ソフト「カシミール3D」では、プラグインの「マップカッター」を使うとカスタムマップを作るオプションがある。カシミールで閲覧できる地図(国土地理院の『電子国土』など)から目的に合った縮尺の地図を選んで、指定範囲の地域を切り出してGarminのカスタムマップとして吐き出す。地図を切り出す手順は簡単だが、このソフト自体が非常に多機能で、それだけにあまりのメニューの多さに素人はとまどう。当方も、しばらくはうまく使えなかった。

カシミールは使えたとして、次のハードルは切り出す地図の分割数の指定だ。地図のような大きな画像データを扱う場合、そのままでは使いにくいので地図を細かくさいの目(タイル)に切り分け、1タイル分の範囲を1ファイルに保存しておく。使うときには必要な範囲のタイルだけを読み込んでディスプレイのサイズに合わせて表示するわけだ。eTrex30の非力なCPUでもこの方法なら地図のような大きな画像を扱える。

タイルファイルの集合とその位置情報を持ったファイルをセットにしてzipで1ファイルにまとめたものが.kmzファイルだ。だから、.kmzを.zipに変えて解凍すると中身を見ることができる。そのようにして解凍したフォルダの中身を見たのが次図。ここのタイルは.jpgファイルで持っていることがわかる。

平成 26-2-8 14-17-02
.kmzの内容

doc.kmlはタイルの位置情報をもつXMLファイルなので中身を見ることができる。次のリスト図のように各タイル(この場合はcustom_map0)の東西南北の境界の位置情報を持っている。

<name>custom_map0.jpg</name>
<drawOrder>50</drawOrder>
<Icon>
<href>custom_map0.jpg</href>
</Icon>
<LatLonBox>
<north>36.232846659142403</north>
<south>36.229682596642405</south>
<east>140.083118392350940</east>
<west>140.078297404696630</west>
</LatLonBox>

このときネタ元の地図の縮尺と切り出す範囲の広さによって何個のタイルに切り分けるかを指定する必要があるり、これにはいささか経験が必要になる(亀氏のサイトに詳し説明がある)。このタイル数がeTrex30では最大100個で、この制限は相当きつい。登山の1日の行程くらいならまだしも、車といわずも自転車の行動範囲でもタイル100個は簡単に超えてしまう。そうした場合は、タイル100個分の地図をいくつも作り、それをおのおの1枚のSDに保存して、現場での必要に応じてSDを差し替えるしかない。しかし、これはちょっと面倒でやるきがしない。

筑波山の日帰り登山くらいの地図範囲なら100タイルに収まるだろう。購入したいどんなっぷの地図では、この辺りの等高線データは含まれていないので、取りあえず筑波山南面でやってみた。カシミールに電子国土で筑波南面(別にそういう図郭名があるわけではないが)を表示して次のように切り出した。

4500図、ズーム1.0倍
分割数9x10枚(画面サイズ640x480dot)

タイル数は90で制限以内。ところが、これをCustomMapsフォルダに入れてeTrex30を起動しても、この地図が表示されない。数度再起動を試してやっと表示されるようになる。この辺りの理由は謎。基本地図で筑波山に見当をつけてズームアップすると、左下の距離表示で500m~12mの間だでカスタムマップが表示される。そのうち実際に使えるのは200mと120mくらいだろうか。

204.png 196.png 177.png
120m 200m 300m

アップすると女体山の山頂の標高値がダブっている。これはオリジナルの電子国土の修正漏れらしい。

250.png
標高値がダブっている

さらに、概観図も欲しいのでつぎのように切り出す。

18000図、ズーム1.0倍
分割数3x3枚(画面サイズ640x480)

これだと合計でタイルは99枚。ぎりぎり制限内に収まる。しかし、これは失敗。タイルが大きすぎて読めないと断られた。次に3万6千図で同じ分割で試みるとこんどは受け入れてくれた。やれやれ。南面図と一緒に概観図をCustomMapsフォルダに放り込む。すると、概観図は距離表示2km~800mまで表示され、500mからは南面図が表示される。500mのところでは南面図の範囲外に概観図も表示されるが、それ以下は南面図だけになる。CustomMapsフォルダにあるファイルはすべてまとめて表示されるので、個別にオン/オフできないのがネックだ。

1492.png 1498.png 1502.png
2k 1.2k 800m

アップしてゆくと途中から概観図と南面図のキメラ状態になる。ただし、中心位置などの条件が変わるとキメラの具合も変わり、どういうロジックでタイルを選択しているかは不明。

1566.png 1627.png 248.png
500m キメラになる 300m  ………… 200m  ここまで

まだ慣れていないから結論はでないが、カスタムマップはこのくらいの使い方か。

eTrex30を手なずける(地図を作る 序)

最初に、この話しを書いておくべきだったが順序が逆になってしまった。eTrex30用の地図作りを思い立つにいたった経緯だ。

eTrex30が届いてすぐに標準装備の地図を使ってみたが、自宅周辺の様子を見ただけでも、とても役立ちそうにない。我が家の周囲をズームアップしても無人の荒野であるかのように何の地物もない。少し引いてみたが、すぐそばにある駅や鉄道も見当たらず、さらに引くとだいぶ離れた国道と海が見えるだけだ。

「グローバル地図(World Wide DEM Basemap,NR)」(eTrex30付属の地図)
5906.png 5930.png
eTrex30標準装備の地図 我が家の周囲に道がない
※ 電源が入っているとeTrex30は自動的に現在位置を記録し、トラックとして地図上に表示する。左の拡大図で矢印の現在位置から多数派生している線がトラックになるが、これはeTrex30の測定誤差によって現在位置がランダムに揺らいでいることを示す。

Webで漁って、「Garmin GPS英語版用 日本地図データ」があるのを見つけた。Wiki方式で有志が作成しているOSM日本地図をベースにしたものだ。しかし、そのページに、日本語対応の機種ならこちらとの案内があったので、「ガーミンヂバイスの日本のOSM地図」をダウンロードしてみたが、これはゴミだった(「last modified: January 27 2014 00:53:45」で試した)。地図名が表示されず、日本語どころかローマ字の地名さえない。この日本語版は国外製らしく自動変換ツールで作成しているとの記述がある。実機で確認しているというが、だったらなぜこんなレベルで公開するのか謎。

「ガーミンヂバイスの日本のOSM地図」
228.png 258.png 390.png
日本のOSM地図??? 一見よさそうだが 地名はほぼ全滅

OSM英語版用のほうは地図名と地名(ローマ字)が表示されるが、「名前無し」が多い。これはOSMの性格上、この辺りの人口密度が低いということの反映にすぎないが。

「Garmin GPS英語版用 日本地図データ」
6082.png 6105.png 133.png
OSM GarminGPS英語版用 地名はローマ字 名前無しが多い

とにかくすぐにまともな地図が使いたかったので、あちこちのサイトで言及のあった「GARMIN(ガーミン)GPS用 地形図,日本地図」(いどんなっぷ)を買ってしまった(ヤクオフからのダウンロードでのみ販売している)。これには購入者が選ぶ20万図10図郭分の標高線データが付属する。中部山岳地帯を含む10図郭を指定したのはいうまでもない。

「GARMIN(ガーミン)GPS用 地形図,日本地図」(いどんなっぷ)
6223.png 6202.png 69.png
いどんなっぷ日本地図 漢字、ローマ字の地名

有償だけに標高差が陰影で表現され、地名もある程度は記載されている。いどんなっぷはローマ字の地名検索ができることを売りにしているが、あの小さい画面でスティックで文字を拾ってローマ字入力しないと使えない機能など、当方のような老人にはないに等しい。

試しにOSM英語版用といどんなっぷで「目的地検索」を使ってみた。「目的地検索→全カテゴリー」のメニューを選ぶと、eTrex30の現在位置の周囲にある地名や施設名を距離の近い順にリストアップしてくれる。そこから目的地を選ぶと、現在位置→目的地のルートが表示される。ここで最寄りの郵便局があったので目的地に選んでみた。

6275.png 6280.png 6310.png
目的地検索 全カテゴリー 現在地周辺の地名リスト

いどんなっぷでは大きな道路を選んで常識的な道順を提示した(次図)。

6369.png 6549.png
いどんなっぷのルート 無難な結果

OSMのほうはとんでもない遠廻りの道順がでてきた(次図)。OSMの道路は地図上に表示されているが、道路の属性は設定されていないものが多いのだろう。それにしても、周辺の道路状況を知っている当方としては、どういう優先度で属性を付与しているのか理解しかねる。

6660.png 6672.png
OSMのルート どさ? ゆさ!

また、この比較には裏がある。実はOSMでは目的地にリストされたもののほとんど「名前無し」となっていて、距離的にも最寄りの郵便局自体が含まれていない。そのままでは郵便局を目的地に選びようがない。この場合は、いどんなっぷで目的地のリストを表示させてから、地図を切り替えて検索をやり直すという方法を採った。そうするといどんの地図は無効になっていても、目的地のリストは保存されているので郵便局を選べる。検索中に地図の切り替えができることは少し意外だったけどね。

 つまり、この時点でベースマップとして次の3つが使えたことになる。
  • 「グローバル地図(World Wide DEM Basemap,NR)」(eTrex30付属の地図)
  • 「OSM Japan」
  • 「IDONNAP」
当然ながら有償のいどんなっぷに一日の長ありということになる。しかし、いどんなっぷの地図の購入には端末のユニットコードが必須の入力項目であった。あれぇ、と思ったが案の定、地図とインストール先のeTrex30とを紐付するための情報だった。PCにダウンロードした地図データが使えるのはこの装置に限定されるということだ。Garminという他人の褌で相撲を取っていながら、Garminと同様のせせこましいプロテクトを組み込むなんてね。なんだか嫌な気分になった。おかげで最初に購入した後、おいおい入手するつもりだった他の地域の標高線データを購入する気が薄れてしまったのだ。

というわけで、前回の話しに繋がる。

eTrex30を手なずける(地図を作る その1)

前2回に続いてすぐに地図作りのことを書くつもりだったが、あれこれ調べているうちに1月も終わってしまった。eTrex30を手なずけるどころか、こちらが振り回されたようである。

探してみるとWebにはGarminの地図について膨大な数のサイトがあった。要はGarminが正規にサポートしない地図を、フリーソフトを使っていかに作り上げるか解説したサイトが山のようにあったのだ。はじめはしばし呆然としてどこから手を着けていいか分からないほどだったが、あちらこちらを繰り返し彷徨しているうちに、螺旋階段を上るように何とか目途がついたのだった。

利用させてもらって大いに助かったサイトがいくつかあったので、冒頭に説明しておく。はじめてGarminの端末に触った人で、馬鹿高い地図は買いたくなくて、少しはPCやソフトに興味のある人には参考になるだろう。

亀のgarmin GPS etrex30(etrex30をとことん使おう!)
平成 26-1-31 15-56-01210
亀氏のサイトより

地図作りだけなら他にも優れたサイトは少なくないが、亀氏のサイトはハード・ソフトの両面から総合的に非常によく調べよく書かれた労作だと思う。しかも机上の話しだけでなく実地の山行で使った体験に裏付けられているので説得力がある。当方も最初にこのサイトを発見していれば、どれだけ余計な手間が省けたかと思う。ご本人が理解していないところは誤魔化さずはっきりと言明されているところが好ましい。

地図の製作に関しては、次の2つのサイトが「歴史的」である。当方もGarminなど所有していない頃から覗いた記憶がある。

アベル父さんの「国土地理院『基盤地図情報』で地図自作」
平成 26-1-31 15-56-010
アベル父さんのサイトより

国土地理院の「基盤地図情報(縮尺レベル25000)」のXMLデータをVBAのスクリプトでPFM(polish format)に変換し、そいつをGPSMapEdit とcGPSmapperに喰わせてGarminのマップソース(imgファイル)を作っている。スクリプトを自作したところが尊敬である。当方もそうだが、このスクリプトを使わせてもらった人は少なくなかろう。

サトシン氏の「GPSに地図をのせる方法(新)」
平成 26-1-31 15-56-01
サトシン氏のサイトより

アベル父さんの労作に謝しつつ、それを改作して利用したサトシン氏のサイトにも歴史がある。「GPSに地図をのせる方法」には新・旧2つあるのもその証左だ。当方、改作は試さなかったが、どこをどう直せば自分の使いやすい地図ができるか参考になろう。また、XML→PFMのパスとは別に、国土地理院のXMLデータから同じく国土地理院提供のFGDV(基盤地図情報閲覧コンバートソフト)でshapeフォーマットに変換して吐き出し、それをGPSMapEdit /cGPSmapperへ渡す手順も説明されている。

そして今回見つけた、地図作りの決定版とも言えるのが下記のサイトだ。

y2氏の「GPS」カテゴリー
平成 26-1-31 15-56-0110
y2氏のサイトより

y2氏はおそらくソフトウェアや地図関係のバックグラウンドがあるとおもわれる書きっぷりで、たんたんとではあるが本格的な内容を網羅している。特にcGPSmapperに喰わせるPFMのソース例が非常に参考になった。同じ地物を縮尺ごとに表示を切り替える場合のEndlevel(やDictionary)の使い方などはcGPSmapperのマニュアルをざっと読んだくらいではピンとこない。その翻訳・解説を含めてわかりやすく書かれている。

また前置きが長くなってしまった。次回からは上記の諸サイトを参考にして、当方がどんな地図をでっち上げたかを書いてみよう。

eTrex30を手なずける(フォントの変更)

2014/09/18 追記
別のeTrex30で試したところ、やはりフォントの手当は必要だった。STAP細胞ではないが、機械の個体差というより、こちらの手順でどこかでフォントファイルのコンタミがあったのだろう。「フォントの処理不要」は取り消しておく。。

結論から言うと、当方が入手したeTrex30に関してはフォントファイルをいじる必要はなかった。日本語のメニューファイルを追加すれば日本語表示になる。あとで触れるように既定のフォントに日本語が含まれていた。文字がつぶれるカ所もあるので、いろいろフォントを変えてみたが苦労するほどの効果はなかった。

フォントファイル名 保存ホルダー 説明
006-D0952-05.bin X:\Garmin\ExtData * Bold体フォント
006-D0952-06.bin X:\Garmin\ExtData * Regular体フォント
   * X: eTrex30をPCに接続したときのドライブ名

 Garminフォント(.bin)の正体

Garminのフォントが0x76 (英小文字v)をキーとするXor(排他的論理和)でエンコードされているのは公然の秘密? Xorは計算機の基本的な演算だからXorソフトはいろいろ公開されている。さらに、Xorの場合は、エンコードもデコードは同じ演算だから、演算を2回続ければ元に戻る。つまりGarminの既定フォントにもういちどXorを掛けて、拡張子.binを.ttfに変えれば普通の True Typeのフォントファイルになる。試してみるとeTrex30既定のフォントファイルは、なんのことはないSakkal Majalla Unicodeという無償公開されているフォントでWindowsにも標準装備されていた。

平成 26-1-17 9-14-58
006-D0952-05.binの正体

平成 26-1-17 9-20-36
006-D0952-06.binの正体

それをもったいぶって暗号化なんて噴飯物だね。自分でユーザーを減らしているとしか思えない。Windows PCで表示したサンプルにアラビア文字はないが、Sakkal Majallaという名前からしても本来アラビア文字用に開発されたフォントなのだ。既定の006-D0952-05.binを他のフォントに変更すると、eTrex30の言語設定でアラビア語の項目名が表示されなくなるのはその辺りが理由のようだ。

フォントの入手

無償のTrueTypeフォントはいくらでもネットに公開されているから入手に不自由はない。当方は、WindowsのMeiryo/Meiryo UIを日頃使っている。これをeTrex30に使おうとしたところ、ちょっとした問題が起きた。Windowsのフォントファイルは.ttcでこれにはStandardタイプとBoldタイプのフォントが同梱されている。このままではXorでエンコードしてもeTrex30は表示できない。StandardタイプとBoldタイプを分ける必要がある。

2014/10/02 追記
最近気付いたが、コントロールパネルでフォントファイルを選んで、デスクトップへコピーするだけで、StandardタイプとBoldタイプが分離して2つの.ttfファイルが生成された。確認はしていないが、これはWindows 8.1になったせいかもしれない。そうなれば以下の説明にあるフォント分離ソフトは不要になる。

フォントの分割ソフトを探していると、いくつかのサイトに次のような記述があった。「.ttcを.ttfに分けるBREAKTTC.EXEというツールがあり、以前マイクロソフトが公開していた」。しかし、これはどうも怪しい。いろいろ漁ってみたがフォント分割関係のツールをたどると不審なサイトに至ることが多く、近づかない方がいいようだ。

当方は、武蔵システムのTTEditというTrue Typeフォントのエディターを使わせてもらった。30日の試用期間がある。TTEditをインストールすると、一括コピーのメニューがあるので、インストールしたPCのフォントから選んで.ttfファイルを作ることができる。

平成 26-1-17 11-23-40
  1. TTEditの一括コピーで、PCからMeiryoUIのStandardとBoldのフォントファイルを取り出す。
  2. それぞれのファイルをXorしてエンコードする。
  3. エンコードしたそれぞれのファイル名を006-D0952-06.bin、006-D0952-05.binと変更する。
  4. (既定フォントファイルは事前にバックアップしておく)
  5. eTrex30のExtDataフォルダにそれらをドラッグ&ドロップする(既定のフォントファイルを上書き)。
  6. eTrex30を再起動する。

ただし、冒頭にも書いたようにフォント変更は苦労してやるだけの効果はない。画面ショットはきれいにでるけどね。

eTrex30を手なずける(日本語化)

第一印象

並行輸入版には言語ごとに簡単な説明書「quick start manual」が付属するが、詳細なマニュアルは本体にPDFで保存されている。しかし、quick start manualもPDFマニュアルも日本語版はない。eTrex30の画面表示も当然ながら英語だ。使用言語はメニューで変更できるが日本語の選択肢はない。簡単な世界地図は付属しているが、日本の地名はローマ字表記で道路網も粗くほとんど実用レベルに達しない。Garminの日本サイトからマニュアル関係を見ようとすると実体は日本の代理店のサイトに移行する。このなかにeTrex30の日本語マニュアルはあるが、英語マニュアルに比べると内容は大幅に割愛されている(eTrex30Jには完全版が付属しているのだろう?)。多言語対応の機種で日本でも相当数売れているはずの機種で、しかも同じハードウェアで日本語版があるのに、いくら並行輸入とはいえ、これほど徹底的に日本語を隠蔽しているのは不思議というより不快を感じる。

DVC00003_2014011616112458b.jpg
7カ国語のクイック・マニュアル なぜ日本語がない?

製品の登録(日本語化のあとで十分)

まずはetrex30をGarminのUSサイトに製品を登録する(日本語サイトではできないからね、ははは)。これにはユニットIDが必要になる。登録は必須ではないが、不正入手したわけでもないので登録しておいた。

ソフトウェアを最新版へ


次にソフトウェアを最新版にする。USサイトにWebUpdaterのページがあるので、アップデーターをダウンロードしてPCにインストールしておく。eTrex30をPCに接続してアップデーターを起動すると、最新のソフトにアップデートしてくれる。今回購入したeTrex30のソフト(憶えていないがバージョンは2.xxだった)を、アップデートすると3.40になった。このeTrex30のハードウェアは相当古いね。

eTrex30のフォルダ構造

eTrex30の場合、デバイスをPCに接続するとMass Storage(大容量記録)モードとして使うか訊いている。ここで「いいえ」を選ぶと通常のGPSナビとして使うことができる。Mass Storageとして接続すれば、一般のUSBメモリをPCに接続したときと同じで、eTrex30の内部メモリは外部ドライブとして認識される。また本体にSDを増設してあれば、それは別の外部ドライブとして追加される。

まずはバックアップ

eTrex30内部ファイルをいじる前にすべてのフォルダをPCへバックアップする。万一のときはPCから戻せばいい。

平成 26-1-16 14-47-20
eTrex30のフォルダ構造 Garmin eTrex 30(F:)が本体、GARMIN CARD(J:)が増設のSDカード

eTrex30をMass Storageとして接続したときのフォルダ構造は次のようになっている。ここではドライブX:としてPCに認識されたとする。関係しそうなものだけリストする。

Garmin eTrex30 (X:)
Doduments  各国語のマニュアル
Garmin    GPSナビとしての各種データ
ExData    フォントファイル
GPX     ルート、トラック、ウェイポイントなど
Text     メニュー用文字データ

eTrex30が使用するファイルは、既定の名前で既定のフォルダに置く必要がある。逆に言えば、ファイル名やフォルダを変えればなにをどこに置いてもかまわない。

メニューの日本語化

ぶつぶつ言ってもしかたないので、こいつを手なずける方法を考える。まずはメニューの日本語化だ。実は最初にeTrex30の電源を入れたとき、まずは言語設定を探した。このときスティックの操作を誤って東欧の言語を選んでしまった。さあ大変。初めての機種だし、メニューの文字がまるで分からないので英語に戻すことができなくなった。結局、Webで英語表示のメニュー画面を探して(PDFマニュアルには絵がほとんどない)、メニューのアイコンを頼りにもとへ戻すことができた。やれやれ。

同じ苦労をしている人は大勢いるようで、Garminの日本語化を説明しているサイトはたくさんある。それらを参考にして日本語化はできた。実際にやってみた結果、それらの説明とは違うこともあったので書き留めておく。

メニューファイル名 保存フォルダ 説明
Japanese.gtt X:\Garmin\Text * メニューのテキスト
* X: eTrex30をPCに接続したときのドライブ名

メニューファイル(メニューのテキストを定義するファイル)は言語ごとにX:\Garmin\Text フォルダの「言語名.gtt」ファイルに置かれる。出荷状態ではこのフォルダにはJapanese.gtt もEnglish.gttもない。前者は意図的に除かれているのだろうし、後者は既定の言語だから、他の言語を選択すると上書きされることになるのだろう。

日本代理店のサポートサイトにeTrex30JのUpdateページがある。ここからソフトウェアをダウンロードして解凍すると、ソフトウェアアップデート用のプログラム(GUPDATE.GCD)とともにJapanese.gttが含まれている。これを直接使うと使用許可条件に抵触する(らしいことが書いてある)。ま、参考にするのだね。.gttファイルはテキストファイルなので翻訳が気に入らなければ編集できる。明らかな誤訳というか日本語変換の間違いや、趣味に合わない訳語もある。GUPDATE.GCDは使う必要はないし、使わないほうがいい。たぶん、冒頭で説明したWebUpdater でアップデートしたほうが新しいはずだ。

72.jpg 86.jpg 96.jpg
日本語表示のメニュー

2014年9月18日追記
英語版のJapanese.gttにある下記のタグは、必ず変更しておかなければならない。

  <desc>日本語</desc> → <desc>Japanese</desc>

こうして艱難辛苦?、作成したJapanese.gttを既定のフォルダに放りこむ。日本語化はこれだけである。最初はフォントファイルがなければと思ったが、その必要はなかった。

あとはフォントの処理だ。それについてはまた…………
OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム