すごいな、こんなのはじめて CRITICAL_PROCESS_DIED

すとん、すとんと、こまめに落ちるWindows 10であるが、ブルースクリーンには破綻の原因を説明するなんらかのメッセージが表示される。まあ、だいたいメモリ関係が多いのだが、ついにさきほど下記のメッセージが出た。

CRITICAL_PROCESS_DIED

うーん、なんという率直な表現か。あえて訳せば「決定的に重要なプロセスが死んだ」ってわけだ。こんな正直なメッセージはこれまで見たことがない。このプログラムの作者は、自分の考えたロジックがよもやこのメッセージを出す羽目に陥るとは夢想だにしていなかったのではないか。

頑張れ Windows 10 !!!

当分、Windows 10へのアップグレードはお勧めしない

メインとサブのPCへWindows 10をアップグレードして数日経った。サブのWindows 7からアップグレードしたPCはあまり使わないこともあって、ほとんどトラブルはない。しかし、Windows 8.1からアップグレードしたメインのPCは、いっとき安定するかに見えたが、その後、トラブルが続出している。重要な仕事でも進行中の場合は、Windows 8.1へ復旧したに違いない。

ブルースクリーンの問題
ブルースクリーンは起動時に必ず発生するが、なぜか再起動するとあとしばらくは安定する。しかし、アプリの起動やWindowsの機能の使用をきっかけに起きることもあり、原因はまったく見当がつかない。とくに困ったトラブルとしては、大きなフォルダを削除しているとちゅうにブルースクリーンが発生し、再起動後、そのフォルダ内のファイルで削除不能になってしまったものがある。Windowsの頓死でファイル構造が破損した模様。面倒なことに、この手のトラブルについてはMicrosoftは沈黙を守っている。正規の質問コーナーのようなところで、素人に毛の生えたような回答者があれこれ書いているが、まったく当てにならない。直しようがないのだ。しかもこうしたファイルがあると、ファイル履歴が止まってしまい、バックアップ対象からそのファイルを除外しないと以後、ファイル履歴は無用の長物化する。

ブラウザの問題
ブラウザは普段Google Chromeを使用しているが、どのサイトを開こうとしても強制終了して、まったく使えない状況が発生した。WindowsプロパーのMicrosoft Edgeはまだ慣れないので使いにくい。しかたなく、Chromeの正規版ではない次期バージョンCanaryをインストールしてその場を凌いだ。しかし、不思議なことに翌日になると普通のChromeがほとんど問題なく起動するようになった。

ベースとなるWindowsの問題
アップグレードするベースとなるWindows自体が潜在的なトラブルを抱えている(おそらく長期に渡って使いつづけているシステムはほとんど例外なくそうだろう)とアップグレードしたシステムが安定しないのは、まあ理解できる。当方のメインのPCもそうだ。それではと、まっさらなSSDにWindows 7をインストールし、それから延々時間をかけて最新状態までWindowsアップデートを適用し、それからWindows 10へのアップグレードを試みたが、これがまったく上手くいかない。アップグレード過程のさまざまなステージでさまざまなエラーが発生し、いまだにアップグレードは成功していない。いちばん安定したWindows 10ができるはずのこの方法で、これほどトラブルのはなぜだろう。

などなど、1日に数回はこうしたトラブルを耐えないとWindows 10は使えない。Windowsアップデートでこうした状態は徐々に減少していくとは思うが、心安らかにPCを使いたいと思うなら、しばらくWindows 10へのアップグレードは控えたほうがよさそうである。

Windows 10へのアップグレード

Windows 10のアップグレードを予約したもののいっこうに、準備ができたというメールがこない。どうせまたアップグレードにともなうトラブルがあることは必至なので気が進まなかったが、知人からもちらほら予約したWindows 10のインストールができたという話を聞くようになった。

Windows 10へのアップグレードは、予約して待っている以外にも、自分でダウンロードしてインストールする手段をMicrosoftが用意している。

Windows 10のダウンロード

ここからMediaCreationToolというアプリをダウンロードすると、Windows 10をインストールするDVDあるいはUSBメモリを作成できる。

ただ待っているのもじれったくなったので、この手を使うことにした。

詳細な説明はここにある

当方は、インストール用のUSBメモリを作成して実行してみた。ひとつUSBメモリを作っておけば、Windows 7 ~ Windows 8.1のインストール済みのPCに対して何度でも利用できる。まっさらなPCでも使えるようだが、その場合はWindows 7 ~ Windows 8.1のプロダクトIDの入力を求められるようだ。

追記 2015/08/12
旧システムからアップグレードする場合、旧システムの起動中に、そのUSBメモリからアップグレードプログラムsetup.exeを起動する。そうではなく、システム起動時に表示される起動メニューからUSBのsetupを直接起動した場合には、新規Windows 10のインストールとなり、そのためのプロダクトIDが必要になる。

その結果わかったこととをメモしておこう。

(1)サブのWindows 7 PCへインストールしたところ、まったく問題なくインストールできた。

DVC00008_20150806103626141.jpg

インストールは「ファイルのコピー」「機能とドライバをインストール」「設定を構成」の3部に分かれて進行する。各部ごとに進捗がパーセンテージで示され、3部をトータルした進捗が円内のパーセンテージで示される。終わった部は青文字となり、その分、画面中央の円周が青く染まってゆく。インストール作業の単調さをなんとか紛らわそうと苦労していることが、目に見える。

次にメインのWindows 8.1 PCへそのままインストールするのは怖いので、システムドライブC:、データドライブD:のイメージバックアップ(ベアメタル・バックアップ)を取っておいた。ただし、Windows 10へのアップグレードが失敗した場合は、自動的に元のシステムが復元されるし、Windows 10の使用を開始後でも30日以内なら、もとのシステムを回復できるようなので、それほど神経質になる必要はないかもしれない。

追記 2015/08/12
アップグレードが失敗したとき、旧Windowsへ必ずしも復帰できないことを体験してしまった。やはり、旧システムのイメージ・バックアップは必須だ。

(2)メインのWindows 8.1(SSD)へのインストールは第2部で失敗した。失敗すると、「以前のバージョンのWindowsを復元しています」と表示されて、Windows 8.1への復元が始まる。

復元されたもとのWindows 8.1で、「…インストールはFIRST_BOOTフェズで失敗…」とエラー原因が表示される。エラーコードを検索してみたが、けっこういろいろなエラーが出ているようで、対処方法はわからない。

メインのPCには予備のSSDがあるので、今度はそれで試すため、最新の状態までWindowsアップデートを施す(そうしないとアップグレードできないようだ)。

(3)メインの予備のSSDのWindows 8.1へのインストールも第3部「SAFE-OSフェーズ」で失敗した。

ここで少し頭を冷やす。(2)のメインのWindows 8.1はSSDの容量が目一杯であり、作業スペースが足りなかった可能性がある。そこで、ディスクをクリーンアップして空き容量を増やして、再挑戦した。

(4)SSDをクリーンアップしてメインのWindows 8.1へインストールしたところ、Windows 10へのアップグレードは成功した。

最後に、「PCの準備をしています少しおまちください。PCの電源を切らないでください」とテキストが表示され、同時に、あんたどこ人?というような奇妙な抑揚の人工音声で、このテキストが読み上げられる。おやおや、芸の細かいことでと感心しているうちはいいのだが、これがいつまでたっても終わらない。しまいには、ご丁寧にも「通常より少し時間がかかっていますが、間もなく準備が完了します」とおっしゃる。しかし、これまたなかなか終わらない。結局、終わったと思ってから15分くらいかかったろうか。

ぬか喜びというか、このあとも、必要なソフトがあるからインストールするとかいろいろあって時間がかかり、その間にも新しいアプリやWindowsの機能を使うたびに、ひんぱんにブルースクリーンが発生した。

やっぱりもとへ戻すかと考え出したころ、あることに気づいた。ブルースクリーンの発生は同じシチュエーションでは繰り返し起きることは少ない。だから、つねに同じ状況でブルースクリーンが再発することはなく、使い込めばなんとかなりうな気がしてきた。

まあ、そんな状況で、昨夜からそう長く使ってはいないが、現状ではブルースクリーンは発生せずシステムは安定している。

使い勝手でいうと、従来のWindowsのアップグレードに比べると非常にすんなり移行できるようにおもう。視覚的には、デザイン全体がますますスマホ・タブレット指向になっている印象があり、PCユーザーにはいささか気の染まない部分もある。OSが変わるたびに、ああだこうだと大騒ぎする時代は過ぎようとしているのかもしれないし、それが必然なのだろう。

当方のシステムは相当あれこれ設定をいじっているし、これまでの修復できない古傷を抱えているので、ほんとうはまっさらにしてWindows 10をインストールしたいところだが、ライセンスの関係でそうできない事情がある。ま、新しいPCを組みたくなるまでは、しばしこのシステムを使い続けようかと思っている。

朝からPCの状態がおかしい

朝からPCの状態がおかしい。Wordの日誌を開いて文末まで移動すると、何もしないのにBackspaceを押したように少しずつ文字が消えている。慌てて日誌を保存しないでWordを終了。これはWordだけでなく、キーボード入力のあるアプリすべてであたかも何かのキーが押されているかのように動作する。キーに何かが触れて押されていないか確認するが、それはない。数度PCを再起動したが変わらない。そのうちPC自体の動作がおかしくなってかってに再起動して自動修復をはじめるが、それでも状況は変わらない。焦った。

これはOS以前の問題かなと、マザーボードで設定を既定状態に戻そうとしたが、マザーボードでも同様に勝手にキーボードが押されているような状態になる。これはいよいよマザーボードまで暑さ負けしたか。

こうなると、サブのPCでとりあえず凌ぐしかない。頭を冷やすために庭に出て野菜を収穫した。

庭から戻ってサブPCを開くと、今度はサブでも同じ現象が起きている。これで俄然、犯人の的が絞られた。メインとサブのPCは個別のBluetoothキーボードを使っているが、CPU切り替え機で共通のPS/2キーボードを繋いである(こうしておかないとBluetooth ではBIOSレベルでの操作ができない)。このPS/2のキーボードがおかしいのだ。そこで、キーボードの差し込みを確認すると、やや浮いていたのでしっかり差し込む。通常のPC操作では使わないキーボードだったので、最初からそこまで気が回らなかった。

やれやれ解決。キーボードの端子の差し込みが緩んで、電気的に断続が繰り返される中途半端な状態になっていたのだろう。まったく、心臓に悪いハプニングであった。

CPUクーラーを交換

ひやひやしながら使っているのも気の毒なので、CPU(Intel Core i7 3770K)の温度について調べてみた。

Intelのサイトにも紹介のあるモニターソフト(Open Hardwea Monitor)をダウンロードしてCPUのコアの温度を調べた。このCPUはコアが4つあって、各コアの温度とCPUパッケージ全体の温度をモニタできる。それによると、CPUに付属しているクーラーを使っているとmaxで90℃台に達していた。オーバークロックもしていないのに、この温度は高すぎる。ということは、我が家のように室温が30℃を超える環境では標準のクーラーでは力不足なのだ。

平成 26-8-6 16-37-35








平成 26-8-6 17-39-25
CPUの温度 これは交換後のもの
標準品ではmax90℃台に達していた
小窓で必要なデータだけモニタ

部屋にクーラーを入れる考えはないから、せめてCPUクーラーは強力なやつに交換してみることにした。

例によってWebでリサーチしてアマゾンでmugen 4 SCMG-4000を発注した。気軽に交換するつもりで、製品のボックスを開いて愕然。大型であることは覚悟していたが、取付方法が想定外だった。マザーボードの裏側に補強用の金属板を設置しないと、クーラーを取り付けられない。相当な重量があるので、標準ファンのように差し込んでパッチンというわけにいかないのだ。ということはPCをいったんバラしてマザーボードを取り外し、もういちどPCを組み直す必要がある。やれやれ大事になった。

無題
マザーボードの裏に金属板を設置

現状はこんな状態。PCの筐体内部には大きく空間がある。

DVC00003_201408061714365ab.jpg DVC00002_201408061714377e2.jpg
標準のCPUファン CPUファンを外したところ

DVC00008_201408061714403e5.jpg
マザーボードを外したPC筺体

DVC00009_201408061714417ff.jpg
満杯でげっぷが出そう

半日がかりでクーラーを交換してみたが、結果としては、やや改善された程度であった。空調のないところで真夏にPCを安定的に動かすのはしょせん無理なのかも知れないが、それなりに使い方はある。UEFIで省エネ設定にしてCPUの温度を低く抑え、なるべくアプリを同時に動かさないようにする。要は「そおっと」使うのである。もちろんファイルの保存は小まめに行う。そのようにして、いま室温35℃の部屋で、このブログを書いている。その間、青死は一度あったが、実害は生じなかった。まあ、何とかとPCは使いようか、ははは。
OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム