FC2ブログ

ヤマザクラ群の構成変更

昨日、カキノキ群とヤマザクラ群の内検をした。

カキノキ群はミツは少ないながらも充実している様子で、これからセイタカアワダチソウの流ミツが始まるから、それに期待することにしよう。

DSCN8374.jpg DSCN8373.jpg
カキノキ群の巣脾

カキノキ群は安泰だったが、ヤマザクラ群は人の介入が必要なようだ。

1段目を開けてみると、前回9/6に真新しかった盛上げ巣は古びてしまい成長していない。前回は多数のハチが巣脾を囲んでいたが、ハチの姿も少ない。1段目は放棄されてしまった様子。


DSCN8388_20181010162343a4b.jpg DSCN8390.jpg
ヤマザクラ群 1段目内検中           1段目にハチが少ない

巣門段の扉を開けてみると、ハチが鈴なりになっている。

DSCN8392.jpg DSCN8393.jpg
蜂球が垂下がっている              上桟にぎっしりハチが

巣門段の上桟はハチでいっぱいになっているが巣を作る気配はない。ヤマザクラ群は1段目の営巣を放棄する一方、巣門段へ巣脾を伸ばす意志がないのだ。巣門段+3段の構成で、営巣は2、3段目のみに集中し、上へも下へも巣を伸ばす気配がない。2、3段は重箱式になっていて巣脾が連続しているが、その上も下も上桟で区切られている。原因は不明だが、おそらく、この上下の上桟がハチたちには鬱陶しいのではないか。中途半端な上桟を取っ払い、自然な重箱式にするのがよかろう。

そのために、現在の最上段の巣箱を3段目にローテして、不要な上桟を取っ払う。

  1. 現在の1段目を外して2、3段目を1、2段目にする。
  2. 現在の2段目の上桟にできた盛上げ巣を除去する。
  3. 旧1段目は上桟を外して落下防止棧を付け、現3段目の下に継箱する。

これで現2段目を最上段とする素直な3段+巣門段構成の重箱式に切り替わり、新3段目はハチたちの自由な空間として利用できるようにになる。

DSCN8395.jpg DSCN8397.jpg
2段目の上桟から巣脾を除去           貯ミツはまったくない

DSCN8398.jpg 
いったん蓋を閉めておく

DSCN8399.jpg 
上桟を外し落下防止棧を設置

DSCN8404.jpg
巣箱リフトでり上げ

DSCN8407.jpg 
巣門段の上桟を撤去

DSCN8408.jpg 
改造した旧1段目を巣門段の上に置く

DSCN8410.jpg 
ヤマザクラ群の新しい構成

ハチたちにとってみれば大騒動である。ちょっと心配で巣の中を撮ってみた。

DSCN8411.jpg 
2段目の底まで見事な蜂球を形成していた

写真をみて一安心。見事な蜂球ができていた。チたちは、これでのびのびと営巣に励むことができるだろう。越冬に備えて十分な蓄えをしてほしい。

コメントの投稿

非公開コメント

重箱に!

変な天気が続きますね!
上桟が伸びない・・・(>!<)
家でも伸びずに貯蜜も進まず、先日500gの砂糖水を与えましたら完食です!
他の重箱巣ではセイダカアワダチソウの開花に合わせて貯蜜が進み、巣内が濡れる程です!
OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム