FC2ブログ

スライド丸鋸

これまで2年半ほど巣箱作りに丸鋸を使ってきて、木材を正しい位置で一直線的に切断することがいかに難しいかを知った。70代なかばともなると、重量3キロの機械を木材の応力に逆らって片手で正確に運動させることがなかなかの課題となる。とくに視力の劣化から、木材に対して正確に刃先を当てることがこれまたすんなりとはいかない。

この先何年使えるつもりか?という陰口も聞こえなくはないが、ついに登場願ったのがスライド丸鋸だ。スライド丸鋸の説明を読むと、位置調整の時間と丸鋸を操作する労力が大幅に節減できそうなのである。

DIYグレードのスライド丸鋸をあれこれ調べたが、結局、機械精度で定評の日立工機製を選んだ。手持ちの丸鋸はマキタ製だが、いくらDIY向けとはいえいささか不満だったこともある。日立工機は、この6月から社名が工機ホールディングスに変り、ブランド名も10月以降は「HiKOKI(ハイコーキ)」となるそうである。調べている途中で急に表示が変わったので驚いた。

さっそく取扱説明書を片手に組み立ててみる。といっても取説の日本語を理解するのに時間がかかるが、組み立てるというほどの手間ではない。

DSCN8012.jpg DSCN8016.jpg
スライド丸鋸到着                さっそく組み立て

試しに巣箱の部材8枚をカットしてみた。

DSCN8019.jpg 
巣箱用部材8枚

いやあ簡単、迅速、正確!!! それに丸鋸を手で操作するよりはるかに安全性も高い。まるでメーカーのCMになってしまうが、実感としてそうなのだ。もちろん、その前に丸鋸の操作でいささかの苦労を経験しているからではあろうが、早くこれを導入すればよかったと思う。

DSCN8018.jpg 
上桟用を掛けるアゴをカット

DSCN8022.jpg 
仮組み立て

DSCN8028.jpg 
部材の反りを矯める

いままで部材の反りなど直したことはなかったが、これだけきれいにカットできると反りも直してみたい気分になった。ははは。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム