給餌

セイヨウミツバチと違ってニホンミツバチの場合は、なるべく余計な世話は焼きたくない。しかし、こう天候不順がつづくと、そうも言っていられない。

給餌することにした。お湯1lに砂糖を1キロ溶かすと約1.5lの砂糖水ができる。それを半分ずつ給餌した。植物の鉢の受け皿にプラのフロートを浮かべ、皿の壁とフロートの隙間に割り箸を置く。皿やフロートの汚れは、ハチのスリップ防止のために蜜蝋を塗ってあるからだ。

DSCN5590.jpg 
DSCN5595.jpg 1群は巣門が外れるので前から

DSCN5594.jpg 2群は背面に引出があるので後から

たぶん、明日には空になっている。もう一度給餌することになろう。

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム