スムシの進攻

恐れていたことがおきた。スムシの進攻が始まったようだ。左側の巣板の間にクモの巣が張ったように見えるのはスムシの巣だ。スムシは、ハチノスツツリガという白いガの幼虫で、ハチの巣を食い荒らす。

DSCN5218.jpg 
左からスムシの進攻が始まった

スムシは巣内に必ずいるものだが、群が健全なあいだはハチたちが巣房への侵入を防いでいる。しかし、このように群が弱体化するとハチに防御する余力がなくなってしまう。これからはスムシの巣がどんどん増えて巣内にスムシが跋扈することになる。

この様子だと働きバチ産卵によってオスバチを育てるひまもなく群は消滅するかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム