オオスズメバチの攻撃始まる

いよいよオオスズメバチの攻撃が始まった。

巣門を覆うトリカルネットに加えて、粘着トラップを巣の近くに置く。巣箱がスダジイの大木の下にあるので、落ち葉避けにポリカの波板で屋根を付けた。屋根がないとオオスズメバチより先に木の葉でトラップが埋まってしまう。

DSCN5147.jpg DSCN5148.jpg
8月中ごろに粘着トラップを設置

粘着トラップは、まず囮のオオスズメバチを捕まえないことにはまったく機能しない。設置したのは巣箱のまわりでちらほらオオスズメの姿を見るようになった8月中ごろ。夏の長雨もあって、その後はぱったりオオスズメが現れず開店休業だった。

今朝、ひさびさにオオスズメが巣の周りを徘徊していたので、捕虫網で捕まえてトラップに貼り付けた。残酷だが生きたまま貼り付けて警戒フェロモンを発散させ、仲間をトラップに引き寄せるのだ。

DSCN5180.jpg 
囮のオオスズメバチ



夕方に見てみると、囮の2匹に加えてすでに2匹がトラップにかかっていた。

 DSCN5189.jpg
右端と中央奥がフェロモンでおびき寄せられたオオスズメバチ

ニホンミツバチの場合、セイヨウミツバチのようにむざむざ巣を全滅させられることはないようだが、オオスズメの執拗な攻撃に遭うと巣を放棄して逃去する可能性がある。いくら残酷でも防御ネットと粘着トラップは和バチの保護に欠かせない。

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム