早くもスズメバチ防御網を設置

去年使ったオオスズメバチ防御網の丈が長すぎたので、短く縮めて巣門のある巣箱の段だけを覆うように改修した。

ニホンミツバチはオオスズメバチに対する防御手段を心得ているのでセイヨウミツバチほど神経質になる必要はない。ミツバチの巣門へのアクセスをなるべく分散させて、オオスズメバチが待ち構えていても逃げられるようにしておけばいい。

DSCN5098.jpg 
巣箱1段分に丈を縮める

DSCN5100.jpg 
巣箱に仮設置して寸法を微調整

時期的にはまだ早いがオオスズメバチの働きバチの姿を巣の周辺で見掛けるようになったので、ついでに設置することにした。

DSCN5102.jpg 
上の木枠が袴の代わりに巣箱の間隙を覆う

DSCN5101.jpg 
スズメバチ防御網の設置完了

取り付け直後は多少ざわついたが逃去防止器のようは大騒ぎにはならなかった。

あとは粘着性の捕殺器を設置すればスズメバチ対策は完了。

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム