花粉の搬入が急増

昨日から花粉の搬入が急増した。帰巣するハチのすべてが花粉を帯びていることさえある。


2017/05/16

このコロニーの現状について考えてみた。


分封翌日の51日に女王が羽化したとしよう。5月7日くらいから交尾飛行(未確認)が数日あり、その後数日で産卵を開始したとする。交尾飛行と産卵開始までの期間がいずれも3日を要したとすれば5月13日には産卵が始まっている。働きバチの卵は3日で孵化するから5月16日には給餌が始まることになる。おっと、ピッタリ合うな。

 

一方、旧女王は430日に巣を出ている。離巣に先だって産卵は徐々に抑制されるが、ぎりぎり30日に産卵したとして、その卵が女王になるには約15日を要する。つまり5月15日には羽化する。昨日分封がなかったということは、もう分封は起こりえないことになる。


今後は逃去防止器を外すことにした。


DSCN4312.jpg 

もう逃去防止器は付けない


このコロニーでは分封は1回しか起きず、残念ながら分封群は捕獲できなかった。しかし、それによって女王の新旧交代は実現した。今後は新しい女王によって旺盛な活動を期待しよう。


そろそろ分封の季節も過ぎようとしているが、3台設置した待ち箱にもいまだ偵察バチの気配はない。ちょっと寂しい気分のこのごろである。

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム