ハチマイッター風逃去防止器

3.8mmのトリカルネットの精度がそれほど高くないので、女王バチがすり抜けていた可能性がある。そこでハチマイッター風のワイヤーフレームで3.8mm間隔の逃去防止器を作成した。フレームに利用したのは自転車の車輪のスポーク。

DSCN4052.jpg
スポーク(直径2mm)を利用

まったくの手作業0.1mmの精度など出しようもないので、新兵器ドリルスタンドを導入した。ドリルスタンドに適合する家庭用電動ドリルは多くないので注意を要する。ドリルの本体とチャックの間に十分な幅の円筒部がないものは取り付けられない。かく言う当方、失敗して1台電動ドリルを買い足した。もっとも、ドライバー用途とドリル用途とで交互に刃先を差し替えて使う作業が多いのでいずれもう1台とは思っていたのだが(←ほんの言い訳)。

DSCN4059.jpg
ドリルスタンドと新しい電動ドリル

ドリルスタンドを援用しても当方の技では3.8mm間隔は難しい。

DSCN4057.jpg
ハチマイッター風逃去防止装置

作成後、老眼鏡の度を上げて副尺をにらみつけ3.8mmにセット。内側測定アゴでフレームの間隔を調べてみた。やんぬるかなトリカルネットと大差ない精度であった。それでもなんとかペンチなどを使って補正してみたのだが…………結局のところもうすこし当方が腕を上げないと、やっぱり女王さまお出ましの不安を拭いきれない。

DSCN4061.jpg
ハチマイッター風を設置

明日の朝はまたハチたちを驚かせてしまうが、許せ!

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム