分封集合板

トリカルネット38mmメッシュの逃去防止器はオスバチが通れていることから女王もすり抜けるかもしれず、分封を事前に防げない可能性があることは覚悟した。

分封が発生して巣を出たハチたちは、あらかじめ探しておいた引っ越し先にすぐさま飛び去る訳ではない。いったん元の巣の近くでハチ球を作って新居候補に偵察バチを飛ばして吟味するのだ。トーマス・シーリーの名著「ミツバチの会議」はその間のハチの生態を克明に描写している。ハチたちは本命の引っ越し先が決まるまで数時間から数日、ハチ球の状態で同じ場所に止まっている。

そこで人間は悪知恵を働かせ、ハチ球の作りやすい場所を巣の近くに作っておく。これが分封集合板だ。分封集合板にもいろいろなノウハウがあって、日本各地にそれぞれ工夫を凝らしたものがある

ここでは京都ニホンミツバチ週末養蜂会のサイトにあった分封集合板を参考に我流で作ってみた。

DSCN3760.jpg DSCN3761.jpg
野地板を貼り合わせる                裏に金網を打ち付ける

ハチが捕まりやすいように金網を裏に打ち付ける。

DSCN3773.jpg 
少し焼き目を入れる

DSCN3775.jpg 
枝の角度に合わせて設置

DSCN3774.jpg 
とまってくれそうかな分封群?

ここに分封群が止まってくれれば、かねて用意の分封群捕獲ネットで収容しようという魂胆である。

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム