いつ分封が起きるか

いつ分封が起きるか分かれば世話はないと笑われそうだが、ネットの情報を漁ってみるとある程度の見当はつくと思われる。

蜂飼い日記 Q&A(Q4、Q8)
(もっとも「ニホンミツバチのQ&A」の信頼できる投稿者ハッチ@宮崎氏が、オスバチの巣蓋がまったく落ちなくても分封したという例外を報告している)。

ざっくり見積もれば、オスバチの巣蓋が落ちだして20日くらいで分封が発生する。

ところでオスバチの巣蓋って?

当方も知らなかったのだが、じつはすでに当方のニホンミツバチの巣で見掛けていた。

DSCN3451.jpg 
オスバチの巣蓋

DSCN3456.jpg 
巣底で拾ったオスバチの巣蓋

おそらく最初に目撃したのは早めに見積もって3月26日。となると分封は4月9日から始まる週に起きるだろうと予測される。

なるべくハチには不要の苦労はさせたくない。さすれば、我が家の巣箱に仕掛ける逃去防止器はこの週のはじめから設置すればいいのではないか。もちろんそれまでに、オスバチがたくさん巣箱の周辺を飛び回るような事態が起きれば別であるが。

また1群しかいない我が家のハチで試す勇気はないが、逃去が発生するのは午後2時ころまでという情報を信じるなら、1日のうち2時以後は逃去防止器を外し、夜陰に乗じて付け直すほうがハチには優しいだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム