オオスズメバチの簡易防御網

従来の防御網を取り外したあと、巣門に角材を積んで幅を狭めてある。ただ置いただけだから外気温に応じて幅を自由に調整できる。

DSCN2965.jpg 
巣門に密集したハチたち

DSCN2963.jpg 
触覚をうごめかしてなにやら気配がおかしい

ニホンミツバチへの攻撃はなりをひそめたが、セイヨウミツバチへは防御網取り外し後も連日のように続いている。

防御網を外した翌日。角材で狭めた巣門に集まったハチたちの様子がおかしい。しばらく観察していると、巣門の中央にミツバチの針が落ちていた。写真は撮れなかったが、針には体の一部も付いていた。これは、オオスズメバチに攻撃されたに違いない。おそらくオオスズメバチの体節の隙間から針を刺し込んだものの、振りちぎられてしまったのだろう。

巣門を狭めてある分、攻撃が集中しやすい。

防御網を元へ戻すこともなさそうだが、なにか処置をする必要がある。トリカルネットの端材を使って簡易防御網を設置した。

DSCN2974.jpg 
簡易防御網

ハチが安心して日向ぼっこのできる日はいつになるだろう。 

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム