ジョロウグモもミツハチの天敵

巣箱に押し寄せてくるスズメバチに目を奪われがちだが、クモ、とくにジョロウグモはミツバチにとってスズメバチに匹敵する天敵だ。

ジョロウグモを見つけたらバトミントンのラケットでスマッシュする。ちかごろは、スズメバチよりジョロウグモの巣をラケットで払うことが多いくらいで、ラケットにクモの巣がべったり着いている。その巣をよく見れば捕縛されたミツバチの姿が透けて見える。

DSCN2756.jpg DSCN2758.jpg
クモの巣べったりのラケット            絡め取られたハチたち

秋になるとクモも大きく育ち、それに応じて巣の範囲も拡大する。そればかりではく、見えにくい粘着性の糸を2層、3層に張りめぐらす。テリトリーをミツバチが通過しようとすればひとたまりもない。

気をつけて見回っていたつもりだが、セイヨウミツバチの巣箱のすぐそばの、木立でちょっと死角になるところに大きなジョロウグモの巣を見つけた。

DSCN2748.jpg DSCN2751.jpg
2mほどの高さにジョロウグモの巣が

デジカメのズームとマニュアルフォーカスを使って撮ってみたところ、肉眼ではとても見えない細部までよく見える。たくさんのミツバチが糸にくるまれていた。

DSCN2754.jpg 
ジョロウグモと餌食になったミツバチたち

かろうじて届く高さだったのでスマッシュて仕留めたことは言うまでもない。最初の写真は、そのあとのラケットの映像である。

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム