ニホンミツバチの巣房で育児を開始したセイヨウミツバチ

セイヨウミツバチの巣箱に挿入したニホンミツバチの巣板で、本格的な育児が始まっていた。

DSCN0842.jpg DSCN1108_20160628093911a01.jpg
挿入した和バチの巣板  6/11          現在の同じ巣板 6/20

上の写真を見ると6月11日に挿入した2枚の巣板が、現在は連続した一枚の巣板に改修されて拡大していることがわかる。

挿入した時点の和バチの卵、幼虫、有蓋蜂児はすべて洋バチの卵、幼虫、有蓋蜂児に置き換わっている。洋バチが育児を開始した範囲は濃い色に変色しているようだ。

DSCN1109_20160628093913c52.jpg 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

6/11挿入した日本みつばち巣房部分で育った幼虫は、少し小型の働き蜂として羽化してくるのでしょうかね!?
OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム