ニホンミツバチのダニ対策

追伸 06/20
巣箱の観察扉を開け、手であおって巣内の臭いを嗅いでみた。蜂蜜の香りとともに強くはないがハッカの香りがした。

セイヨウミツバチではバロア(ミツバチヘギイタダニ)が最大の敵であるように、ニホンミツバチではアカリンダニというやはりダニが同様の位置を占めている。いずれの場合も、対策に失敗すると最悪群の崩壊に至る。

アカリンダニはハチの気管支に住み着いて体液を吸いハチを衰弱させる。

Tracheal_mite_-_Acarapis_woodi.jpg 
ハチの気管内のアカリンダニ By USDA (USDA), via Wikimedia Commons

洋バチのバロアについては対策は取った(シュウ酸滴下と粉糖)が有効ではなかった。殺ダニ剤アピバールの使用と女王バチの更新で、現在はなんとかコロニーに活気が戻ってきている。

和バチで同じ轍を踏みたくはないから、現時点でもっとも安全で効果があると思われるアカリンダニ対策としてLメントール結晶体(ハッカ)の処置を行った。この処置は農研機構の前田太郎さんが推奨しているものだ。

DSCN1088.jpg DSCN1087.jpg
2分して茶漉しの袋に

追伸 2016/06/21
メントールの処置量が多すぎるのではないかとのアドバイスがあった。巣箱の容量を計算したところその通りだったので半分の50gに減らした。ただ、通常の巣箱は巣門以外は閉じている。一方、Warreでは、上部がキルトによる通気性があり、かつ3面巣門で巣底を金網にした場合、巣内の換気量は大幅に大きくなる。同じ量を与えれば、気化したメントールの巣内密度はWarreのほうが相応して低くなるはず。その辺りの加減がまだわからない。

DSCN1089.jpg DSCN1090.jpg
最上段の上桟の上に麻布で隔てて置く        キルトを載せ

DSCN1091_20160619222439fd7.jpg DSCN1093.jpg
屋根を載せ                    ガッチリ紐で固定

ハチにとくに変化は起きなかったが、この方法ではたして気化したハッカが巣内にまんべんなく行きわたるか気になる。

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム