エノキの伐採

5月はなにかと話題が多い。

芋畑の開墾とならんで、じつはもうひとつ大きな作業があった。それは、高木の伐採だった。

ヤブのなかから、いつのまにか高く育っていたエノキとヌルデが大きな木陰を作り、開墾した畑はその日陰になっていた。

DSCN0146.jpg 
開墾した畑はエノキの木陰

もう野菜の苗は植えてあるが、これでは順調な発育は望めない。

これだけ大きく育った木を伐るのは忍びないが、やむをえない。

DSCN0157.jpg DSCN0160.jpg
ヤブから姿を表したエノキ             こちらはヌルデ

DSCN0163.jpg DSCN0166.jpg
ヌルデ伐採                    エノキの幹を順次伐採

倒れた幹が畑を直撃しないように倒す向きを案配する。

DSCN0169.jpg 
植え付けた苗を潰さないように倒す向きが問題

チェーンソーなどという怖いものはないから、ノコギリ一本で伐る。

DSCN0236.jpg DSCN0233.jpg

倒れる向きをコントロールするため、ザイルで幹を結ぶことも。

DSCN0290.jpg DSCN0306.jpg
畑に落ちないようにザイルで結んでから伐る     かろうじてザイルで吊られている

そして最後に残った幹も。

DSCN0425.jpg

DSCN0307.jpg DSCN0426.jpg

DSCN0430.jpg

エノキとヌルデの犠牲のもとに、開墾した畑に午前中から日が差すようになった。

DSCN0449.jpg 
エノキとヌルデの切り株 ヤブももうすこし払いたくなった

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム