新兵器 丸鋸

ジグソーでの長物・厚物の切断は断念し、丸鋸を入手した。

丸鋸は扱いによってはきわめて危険な道具になる。事故の実例についてあれこれ調べるにつれ、ますますハードルは高くなった。身体髪膚これを父母に受く。アラセブになって工作で指を落とすなどとんでもないと、さんざん悩んだが、結局、利便性に負けて丸鋸を使うことにした。

DSCN1404.jpg

いまのワークベンチは鉄枠が支えているが、このままでは間違いなくフレームに鋸の歯を引っかける。とりあえず作業台に適当な広さのベニヤ板を使って鉄枠を覆うことにした。ベニヤ板をワークベンチに載せてクランプで止めて作業台にする。

おそるおそる試し切りをしてみた。確かに直線性は優れているが、微妙なブレが出る。ブレードの軸にけっこう遊びがあり、それなりに使い方のこつを身につける必要がある。

DSCN1417.jpg

そこで、とりあえず「丸鋸定規」なるものを作ってみた。丸鋸の動きを規制して、断面の直線性と直交性を正確にだすための定規である。ベニア板の上面と下面に直交する副え木を固定しただけのものだが、なかなか使えそう。

DSCN1420.jpgDSCN1422.jpg
丸鋸定規

とりあえずの目標は巣箱に観察用の窓を開けることだ。

DSCN1423.jpg
板の中間に切り込みを入れるには

そのためには板の中間にスリットを入れる必要があり、丸鋸の正規の使い方では実現できない。本来、一定の歯の深さで押し切るところを、位置を固定して深さを変えて切り込む必要がある。実作業はもう少し使い方に慣れてからになりそうだ。

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム