20年前の自転車

文末に追記 2015/12/08

といっても浜風のことではない。東京の友人から頂戴した自転車のことだ。使っていない古いMTBがあるから、要るかというので、ありがたく頂戴することにした。

その友人が奥さんとの旅行のついでに運んできてくれたのが、これである。ピッカピカ。ほとんど乗っていないのは一目でわかる。タイヤもブレーキもほとんど磨耗していない。

DVC00003_20151207112257f76.jpg
20年前のパナソニック自転車のMTB 前輪にアブソーバーあり

しかし、保証書を見ると7年4月29日とある。平成だとすれば1995年、ちょうど20年前の製品だ。いくらあまり乗らなくて屋内で保存していたとしてもこれほどピカピカなのだろうか。気になったのでパナに問い合わせてみた。結果、品番からすると間違いなく平成7年製だということになった。因みに浜風はミヤタ製で1992年(H4)に購入しているから、少し先輩。20年前の製品でこんなにピカピカなら、このまま博物館行きがいいかもしれない(冗談)。

使用しているシマノのパーツで判断すると、MTB入門の中クラスというところだろうか。ただ、フレームなどは相当入念な作りで、発売の時代を考えると、もう少し上のクラスかもしれない。

ちょっと、手持ちで運んでみると浜風より相当重い。試乗してみるとやはり動きが鈍い。自転車本体のフォークやサドルを交換し、荷台を付けるなどの改造がなされているせいもあるだろう。

DVC00011_20151207135338c81.jpgDVC00013_201512071122595e3.jpg
MTB安全基準適合証角付きのハンドル

DVC00005_20151207112300182.jpgDVC00024_2015120711230256f.jpg
真新しい感じのホイールバックビューミラー

DVC00026_2015120711241009c.jpgDVC00022_20151207133022e05.jpg
荷台もあるし、メットまで付けてくれたがっしり溶接

せっかくいろいろ装備を付けてあるが、すべて外して本来の姿に戻すことにした(友人はオリジナルのパーツもすべて持ってきてくれた)。いくつか問題は起きたが浜風の予備でなんとかカバーして、元の姿に戻すことができた。

ちょっと乗ってみた。フレーム自体の重さはいかんともしがたいが、文句なく動きがすばしこくなった。ただ、チューブとタイヤも20年前となるとちょっと心配。今年、同品に換装してそのまま取ってある浜風のチューブとタイヤを流用すれば文句なしだ。

DVC00007_20151207114554380.jpg
これだけ交換

DVC00005_20151207112413d63.jpg
本来の姿へ

DVC00008_20151207112414e8d.jpg
浜風と揃い踏み

さて、頂戴物をどういう風に乗るかなあ?

追記 2015/12/08
タイヤとチューブを浜風のお古と交換した。このタイヤ交換には苦労した。浜風のタイヤは道具なしで素手だけで着脱できるが、このタイヤは肉厚で固くどうにも外せなかった。プラのレバーをテコにしてこじるとレバーが折れそうになったほどだ。それにチューブもバルブが米式なので仏式に交換しておいたほうがあとあとやりやすい。

試走してみると、見違えるほど動きが機敏になった。どうも重いと感じたのはフレームよりタイヤとチューブが原因だったのかもしれない。いままで長距離はちょっと無理かなあと思っていたが、なんのなんのこれなら希望が持てる。これで駆動系を浜風と同じ Deore にしてやれば、浜風負けちゃうかもしれない。

ニックネームは浜風の弟分ということで「海風」と決めた。浜風は酷使しているから、へたったらどうしようかと考えていたが、これならわたしの残りの人生、この2台でなんとか賄えそうである。頂戴した友人に、感謝!

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム