わがPC、Windows 10 とともに昇天

Windows 10というより、わがメインのPCが昇天してしまった。

今日も朝からBSoD(Blue Screen of Death、死の青画面)を繰り返し、再起動ももたつくようになり、ついにはUEFI BIOS自体が起動画面でフリーズする状態に陥った。これはWindowsが起動する前の段階だから、Windows 10どうのこうのより基本的なマザーボードがらみのトラブルだ。

BIOSが起動しなくなると、従来のマザーボードではそれでアウトだが、最近はマザーボードの電源をオフのままで、内蔵電池を電源にUSBメモリからBIOSを更新できる機能がある。さっそくそれを使ってみたが、これが失敗。

BIOSの更新が開始したことはLEDで確認できるが、いつまでたっても終わらない。LEDの点滅で更新が開始され、点灯状態に移行して数分で消灯すると完了というのだが、数分はおろか数十分経っても点灯したままなのだ。要はBIOSの更新が失敗したわけで、マザーボードの故障としては致命的である。メーカー修理以外に手はない。おもえばあまりに不安定なWindows 10の症状は、もしかしたらマザーボードの不具合と錯綜していたのかもしれない。

というわけで、現在は、メインのPCのデータディスクをサブへ移動して、この記事を書いている。システムディスクとデータディスクを分けておくと、こういうときに便利だ。使っていたデータは丸ごと移動するわけだから、情報的な齟齬はなくすんなり移行できる。もっとも、最近はセキュリティが厳しくなっているので、ただディスクを繋ぎ替えただけではデータは読めない。電話やメールでユーザー認証をしないとならないのでやっかいだが、まあそのくらいは我慢である。

さすがに数世代前のCPUを使ったPCはいささかもたつくが、システム設定を調整すればほとんど違和感なく使える。この場合は、データディスクを物理的に繋ぎ替えたわけだが、もしこれがクラウドに置いたデーターなら、ただ別のPCでログオンすれば済む話だ。どちらを見ても、世の中はその方向へ流れている。否応なしだ。

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム