ヒメスイレン

去年、近所のHCでヒメスイレンを買ってきて、ポリバケツの天水桶に入れた。肥料に油粕でも使っているのか、購入時の根鉢の泥は強烈な臭いがした。そのまま、一回り大きな鉢に移し、庭土を足して桶に沈めておいた。花を期待するよりはむしろ水を浄化することが目的だった。案の定、花はまったく咲かずに冬を越した。無事越年することが確認できたので、今年はもう1株買って、家の反対(西)側にある天水桶にも入れるつもりだった。しかし、いまの株を根分けすればわざわざ買わなくてもよいと思いついた。そこで、桶の鉢から根を取りだして、泥の着いたまま手でムリっと分割した。量的には3:1くらいに根茎が分かれたので、ちいさいほうを西側の天水桶に移した。

DVC00008_201508041427518b2.jpgDVC00010_201508041427530dc.jpg
6月29日 東側天水桶 ヒメスイレン 元株西側天水桶 分割した株

すこし根茎が小さすぎて、無事に育つか心配したが、スクスクと葉を伸ばした。植物が入っていると確かに桶の水はきれいに保持される。

ところで、数日前に西側の桶をちょいと覗いてみると、おや、蕾がひとつ見える。もとの株はまったく花をつけないし、分割したこちらの根茎も小さかったから、2重に意外であった。

DVC00014_201508041430042d3.jpgDVC00013_20150804143006122.jpg
8月1日 西側 むむ?おお、蕾だ

それからはちょくちょく、西側の桶を覗いていると、ついに昨日、ヒメスイレンが開花した。

DVC00002_20150804143140105.jpgDVC00006_20150804143141d29.jpg
8月3日 はじめて開花したヒメスイレン

なんで元の株に花は咲かず、条件の悪そうなこちらに花が咲いたか、つらつら思うに、日当たりのせいらしい。元の株を入れた桶は東側にあるが家と塀脇の木立に遮られて終日日射しはない。いっぽう、西側は午後は半日日にさらされている。近頃は、ヨシズを掛けているが、できるだけ午前中はヨシズは巻くようにしていた。

2つの天水桶を比べてみると、ちいさかったほうの西側の桶のヒメスイレンのほうが葉の数も大きさも、それに色の濃さも(写りの違いを除いても)勝っているように見える。

DVC00001 (2)DVC00001_20150804143222cbf.jpg
東側 天水桶西側 天水桶 6月29日から驚くほど成長

ということは、東西の鉢を入れ替えると東側の株もたくさん花を咲かせてくれるかもしれないね。

ふっつふっつふ。

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム