ナツメの苗木

挿し木に成功したと思ったのもつかの間、芽生えた幼木はナツメではなく隣に植わっていたビワの実生であった。ここですっぱり諦めるべきところだろうが、2、3年後には庭で育ったナツメの実を食べる妄想が脳裏に定着してしまった。親木が植わっていた廃屋はすでに取り壊され、跡地にはドッグサロンとやらが出現し、庭にあったサンショウもナツメもいまはこの世にない。挿し木で育てる方針を曲げ、大枚をはたいて? ナツメの苗を通販で購入した。

DVC00003_20150728223131a12.jpg
通販で入手した1年ものの苗

DVC00001_201507282231307a7.jpgDVC00065_20150728223437d04.jpg
こんな実が生るはずササの根退治をかねて大きい穴を掘る

DVC00067_201507282234396b1.jpgDVC00071.jpg
バーク堆肥を混ぜた土で埋める

通販の説明書にしたがい、植えた苗は40cm丈で剪定して上部を切り払う。

DVC00072.jpg
40cm丈で剪定 ちょっと切りすぎって感じもするが

剪定した上部のほうが葉が多いくらいで、あまりにもったいない。上部をさらに3分して、葉を刈り摘めて挿し木にした。

DVC00075.jpg
たっぷり水をやる 左上に挿し木が3本

あとは無事な成長と、期待の果実を待つばかり。…………たのんまっせ、金之助2世。

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム