ニホンミツバチの巣箱の設置 試行

試しに巣箱を設置してみた。「小さな広場に大きな木立を背にして南東に向けて設置する」のが望ましいというが、残念ながらそんは都合のいい場所はない。条件はともかく、一度設置してみないことには話が始まらない。

とりあえず、木立ならぬ物置を背にして設置してみた。そのままだと東側からの海風が強すぎるから風除けの戸を立てた。

DVC00001_20150325220808fa0.jpg
とりあえず設置

いざ実際にやってみると予想外のことがいろいろあった。屋内であれこれ見ているときは、厚みが25ミリもある箱はどっしりとして安定感があったが、いざ表に出して置いてみると、そうでもなかった。上下の箱同士も上蓋も下の底板も重ねてあるだけだから、ちょっと触れただけで、動いて位置がずれてしまう。これから終日、風雨にさらされるし、まして台風なども来ると思うと、なんとも頼りない。

そこで重量ブロックを2つ(合計30キロ)を置いて土台とし、それに農作物用のコンテナを縛り付け、さらに波板から巣箱全体を紐で固定することにした。

DVC00005_201503252208104a5.jpg

DVC00006_20150325220812751.jpg
まあこんなとこかな

これで2週間ほど置いてあるが、いまのところ異常はない。まだ時期的に分封には早そうなので、誘引剤は設置していない。様子をみて位置は移動するかもしれないが、あとは蜂だのみである。

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム