eTrex30を手なずける(地図を作る その3 バーズアイ;プロテクトの回避)

カスタムマップの次に目指したのがYahoo! 地図をGarminに取り込む方法だ。

Yahoo! 地図を取り込む方法は、カスタムマップの.kmzではなく.jnxというフォーマットで地図を保存する。こちらはGarminの「BirdsEye」(衛星写真を地図に重ねるサービス)用に導入されたファイル形式だ(バーズアイは有償サービスなので使う気はない)。カスタムマップ用の.kmzファイルもバーズアイ用の.jnxファイルも地図の画像は同じラスター方式。しかし、後発のせいか有償のせいかしらないが、ファイル数やサイズの上限が大きく地図の表示も早く、表示する優先度なども指定できる。さらに縮尺に応じて地図を切り替える仕組みがある。カスタムマップの場合は、同じ地図を拡大・縮小しているだけだが、こちらは表示する地図自体をスケールに応じて変えられる。まあ、デジカメでいうところのデジタルズームと光学ズームの違いである。

ここでも筑波山を例に山頂付近をズームアップすると、Yahoo! からいただきの画面は次のようになった。切り出すときの調整項目で改良の余地はあるだろう。Yahoo!  の「地図」設定でこの辺りを見ると、画質は別にしても文字がPCで横書きなのが、こちらは縦書きになっているなど表示方法の違いがある。おそらく文字は画像とは別のタイルでオーバーレイしてるのだろう。表示画面の縦横比やサイズ、あるいは相手がPCかスマホかなどで重ねる文字タイルを切り替えているのか。

588.png598.png
Yahoo!地図より

601.png610.png
山ではここまで要らないか

ともかく、こういう地図をeTrex30に放り込もうというわけだ。

実際にYahoo! → .jnx変換を処理するのは【ymapjnx】というパブリックドメインのソフトだが、.jnxファイルにはプロテクトがかかっているから【ymapjnx】で作った.jnxファイルはそのままではeTrex30に拒否されてしまう。

そのためeTrex30本体のファームウェアに目隠し(パッチ)をする必要がある。当方も、マザーボードなどファームウェアの更新に失敗してメーカー修理の憂き目に何度か遭ったことがある。まずこの危険を承知の上でないと、.jnxファイルは使えない。

ただ、やり方は、eTrex30の通常のアップデートに乗じて行うので、さほど難しくはない。eTrex30のファームの更新は、GarminのUSサイトからダウンロードしたGUPDATE.GCDというファイルをGarminフォルダに置いて再起動すれば自動的に実行される(実行後にGUPDATE.GCDは削除される)。そのGUPDATE.GCDにちちんぷいぷいした別物とすり替えてからeTrex30の自動更新機能を利用するだけだ。次の2点は要注意。

(1) eTrex30に最新ファームが入っているとGUPDATE.GCDは実行されない。
(2) 新ファームがリリースされると、そのつどパッチを当てたGUPDATE.GCDを実行する必要がある。

当方も、eTrex30が到着して、まずファームをアップデートしたので、GUPDATE.GCDの更新は実行できなかった。

それも含めて、パッチの当て方は、亀氏の「GPSにYahoo!地図を表示する その4、GPSのパッチ当て」に詳しい。

コメントの投稿

非公開コメント

OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム