宿根性アサガオ

去年の夏に、霞ヶ浦側の道路を浜風で走っていたとき、5mくらいありそうな切通の法面に、上の方から野生化したアサガオの仲間が垂れ下がっていた。宿根性のアサガオであることはすぐわかったので、枝を一部を切り取って持ち帰り、ポットに挿しておいた。

冬場は屋内に移しておいたところ、無事に冬を越したので、夏になってから塀の外の雑草と乾燥で最悪の条件の場所へ移植した。土はぱさぱさに乾燥し、周囲はアズマネザサの薮が迫っている。しかも、塀ぎわはモグラの通路で空洞になっている。定植して当初は、周囲を開いて少しは水を遣ったりしたが、その後は放置状態。それが、今朝、花を1つだが咲かせた。

DVC00002_20120830113512.jpg DVC00003_20120830113512.jpg
宿根性アサガオ

多分、このアサガオはサツマイモと同じヒルガオ科イポメア属だろう。普通の園芸植物なら、半日置けば枯れてしまうような場所で花を咲かせてくれた。感激である。

DVC00001_20120830113511.jpg DVC100001.jpg
まだ1花だけ 乾ききった土
雑草さえ枯れかけている

多年性だから、これがドンドン増えると、家の西側のよい日除けとなる。まあ、そうなるには数年はかかるだろうが。今年中に、どこまで増えるか楽しみだ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

野生のアサガオ 綺麗ですね。たくましいですね。
忘れていた頃 パッ! と咲いて ビックリさせてくれます。
今年は 咲いてくれたお礼に 少しの肥料をやり また 来年にも咲いてくれるのを 期待したいですね。

No title

同じ場所に以前、何種類かのアサガオを植えたのですが、その子孫の種はすべて薄紫色一色に変わってしまい、毎年生えるのですがあまり大きくなりません。今度のがどうなるか楽しみです。
OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム