唐鍬を使う

アズマネザサの根との格闘については何度か書いた。庭の中はだいたい片づいてきてはいるが、敵の本隊は塀の外の薮である。塀の中だけいくら掃蕩しても、常時、外から侵入者が忍び込んでくる。

これに対処するには、塀の外で経路を絶つ以外に手はない。どうせほったらかしの土地である。地主は知らないが、文句を言われたらごめんなさいである。

外側の掘削を、家庭菜園用の鍬とシャベルで開始したが、なかなか進まない。ササの根の密度が庭の中とは比べものにならない。地上部は刈りこんでいるが、地下は従来の笹薮とかわりない。鍬をふるっても跳ね返されてしまい、シャベルに体重を掛けてやっと刃が立つ。

そこで、いろいろ調べてみて、ここはという家庭菜園道具専門サイトにメールで質問してみた。その答えが「唐鍬(とうぐわ)」だった。はじめて聞いた名前だったが、開墾用の鍬だそうだ。ほかのサイトにもあたってみたが、結局、この店の唐鍬のなかでも、とんび鍬と呼ばれる独特の形状のものがよさそうに思えてきた(鳥のトンビのどこに似ている? あっつ、そうか、トンビ合羽に似ている)。貧乏人にはちょっと抵抗のある値段だったがやむなし。

DVC00011_20110503161924.jpg
唐鍬 鋭利な刃先

DVC00002_20110503161924.jpg DVC00005_20110503161924.jpg
ずっしりと重い ガッチリとクサビが打ってある

DVC00008_20110503161923.jpg DVC00009_20110503161923.jpg
なになに農鍛冶とな かわいいおまけ 予備のクサビも

この鍬を手にすると、いままでの鍬がオモチャのように軽い。
さっそく使ってみた。
DVC00001_20110503162651.jpg DVC00002_20110503162651.jpg
ザック ガボ
鍬自体の重量があるので軽くふるっても、密なササの根のネットワークにザクッと切り込んで、根の塊がガボッと抜ける。気持ちがいいほどどんどん作業が進む。
DVC00004_20110503162651.jpg DVC00006_20110503162651.jpg
根の塊が ザック、ザック

DVC00008_20110503162651.jpg DVC00010_20110503164745.jpg
これは流石にてこずった外周をひとわたり切ってからガボッ
道具でこれほど作業効率が違うとは。いままでの仕事がバカみたい。

右側の薮に近い部分を深く掘っておく。まだその下にもササ根は通っているはずだ。こうしておけば、たぶんこの部分で竹の子が出てくるはずだから、それを見つけて集中的に退治して庭への侵入を防げる。
DVC00014_20110503162836.jpg DVC00017_20110503163006.jpg
ササ根を退治したあと 薮側に溝を残す

雨が降り出したので止めにした。最後に、いままでの鍬を使ってみたが、もうばかばかしくて使えない。よくこんな道具で作業してきたなあという感じ。いままでの鍬は軽々と使えるのだが、手にしたとたんに、この先の作業がえらく大事のように感じられてしまう。不思議だと思う。たとえば、同じ10キロの土塊を掘りあげるための作業量はあきらかに唐鍬の方が大きい。土の量は同じでも、鍬の重量が違うのだから、その差だけ作業量は増える。しかし、土にザクッと切り込んだときの手応えが確実に仕事がこれで進むという充実感を与えてくれる。軽い鍬をやっとこ土に差し込んだときの頼りなさが、逆に、その先の困難さを感じさせてしまうのだろう。

DVC00019_20110503163027.jpg
中央が唐鍬 左右にこれまで使ってきたシャベルと家庭菜園用の鍬

しかし、はやくも被害が出た。それは、この土地が悪質で、建設残土で埋め立てたようなのだ。ときどきコンクリートの塊がうまっている。それと正面から激突してしまったらしい。早くも刃先が無惨な状態になってしまった。いままでの鍬でも何度もコンクリートとは衝突しているのだが、自重が違うので、被害が違う。大分ダメージが大きい。

DVC00021_20110503163131.jpg DVC00025_20110503163130.jpg
無惨やな 土中のコンクリートの塊と激突

一区切りついたら、修理に出すことになりそうだ。

コメントの投稿

非公開コメント

選択

笹の根退治にトンビ鍬の活用を考えています。大小ありますが、どちらを薦めますか?値段もはいますが、大は小を兼ねるのですか?それとも、ほぼ同じで、耐久性も変わらないのでしょうか?

No title

職業農家ではないので素人の使用感を述べます。

トンビ鍬(唐鍬)は重い刃の勢いで硬い地面や木の根などを、いわば叩き切るわけですから、重いものほど有効でしょう。

しかし、問題は体力です。

この唐鍬(柄を入れて2.5キロほど)は引用したサイトでは「大」の部類ですが、プロの農家が使うものからすると小型です。買ったのは60代後半。72歳の今でも薮の開墾に活躍していますが、私にとってはこの唐鍬が手ごろな重さでした。

体力に自信があれば大を、ほどほどなら小をというところでしょうか。
耐久性は大小に関係ないでしょう。
OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム