落花生とピーマン

タマネギの畝を準備するために畑の整理をはじめた。

まず落花生の収穫。今年は落花生は植えなかった。去年収穫した取りこぼしが、ショウガを植えるつもりの畝から発芽してきたので、見つけるたびに移植していたら、結構な本数になった。落花生はこの土地にあっているのか?

DVC00003_20141025211633b5b.jpg
去年取り残した実から生えた落花生

DVC00004_201410252116340cb.jpg DVC00005_20141025211636d57.jpg
未熟なものも多い 結構採れました

採れたては茹でると旨いというので殻つきのまま茹でてみた。50分も茹でると書いてあるが、ちょっと長すぎるとおもったので20分ほど。成熟加減がまちまちだけど、旨みと甘みがなかなかいい。茹でたてでなくあとで食べるなら50分くらい必要かも。なお、殻のないものは長く煮ると味が抜けてしまうようだ。「殻つき」が正解。

それとピーマンはもうとっくに時期は終わって、小さな実が生っているだけだが、まだ食べられそうなので収穫。

DVC00002_20141025211638c21.jpg
最後のピーマン

実が厚くて堅そうだったが、だめもとでガスコンロに網を置いて直火で表面が少し焦げるくらい焼いてみた。ところがこれが、柔らかくてジューシーで確りした旨みがある。今年の畑で穫ったピーマンのなかで一番旨かったかもしれない。誰だか忘れたが、アメリカの作家が、ジャガイモの収穫の後、霜が降りた畑に残った取りこぼしのジャガイモが一番旨いと書いていたのを思い出した。誰だったかなあ?
OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム