タマムシの遺骸

ひさびさに燻製をやろうと準備をしていたら、偶然、金網に挟まれたタマムシの遺骸を見つけた。以前、生きているタマムシの動画をアップしたことはあるが、そのとき以来だ。

DSCN6223.jpg オオスズメバチ対策の金網に挟まっていたタマムシの遺骸

ミツバチ保護のためオオスズメバチ対策に2重にしてあった金網だが、夏に間に入り込んで動けなくなったのだろうか。

DSCN6225.jpg 
 DSCN6228.jpg 脚がもげているが玉虫色は褪せない

推古天皇が愛用の厨子を玉虫の翅で飾ったのもむべなるかな。

ヒヨドリ営巣

実はとっくに終わった庭のビワの木にヒヨドリがしきりに出入をしている。


DSCN5107.jpg 

庭のビワの木


ヒヨドリが営巣したらしい。下から覗くと、だいぶ高い位置に巣が見えた。


DSCN5106.jpg 

ビワの葉叢を下から見上げると奥の方に巣が見えた


我が家ではヒヨドリの営巣は3回目になる。これだけでは絵がさみしいので以前の記録から写真を再録しておく。


最初はまだ引っ越して間もない2009年6月(2日5日)。このときは物置の前にあったイロはカエデに営巣した。このカエデは残念ながら枯れてしまった。


以下は2009年6月5日の写真

DVC00003_2017080910003447b.jpg 


DVC00002_2017080910003622d.jpg 


同じ年の8月には、今回と同じビワの木に営巣している。


以下は2009年8月13日の写真

DVC00002_201708091002598d2.jpg 


DVC00003_201708091002587bc.jpg 

すやすや眠る4羽のヒナ


最初の2回は手が届くほどの高さに巣があったのだが、今回のは脚立に立っても覗けないほどの高さにある。巣の中の写真も撮りたかったが、驚いたヒナが飛び出したりするといけないのでやめておこう。

ことしも月下美人が

去年と同じ7月1日に最初の月下美人が咲いた。

DSCN4878.jpg 
昼間に白い花弁が見えるようになると今夜咲く合図だ

DSCN4891.jpg 
8分咲きかな

DSCN4900.jpg 
これで満開だね 馥郁とした香りが部屋に満ちる

あと何回咲くか楽しみ。

コゲラの来訪

先日、コゲラが庭に遊びに来た。つついているのはサルスベリ。


交通標識を飾るノイバラ

乗り継ぎの時間がたっぷりあったので知らない町をぷらぷら歩いていたら、面白い道路標識を見つけた。ノイバラが標識の縁を飾っている。

DSCN4625.jpg 
標識に花飾?

裏に回るとノイバラの茂みができている。

DSCN4627.jpg 
ノイバラだ

DSCN4626.jpg 

警察がわざわざこんなことをするわけがない。ノイバラが伸びて表側へ被さってしまえば標識が機能しなくなる。

DSCN4628.jpg 

標識の裏に植木鉢が掛けてあるのかと思ったがなにもない。標識の支柱づたいに下を見て想像した。偶然に支柱の底にノイバラが入り込み、それが延々と支柱の中空を伝って上端から伸び出したのだ。

これ以上繁茂すれば視認性の妨げになると、ばっさり伐られてもしかたないが、そこはなんとか警察の粋な計らいを期待したい。
OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム