偵察バチ、去る

追記 2017/05/22
あとから思いついたのだが、あれほど偵察バチを集めたのに本隊はなぜ来なかったのか?
もしかしたら本隊は人が飼育している群であって、分封球を作ってわいわい策定を進めている過程で、この巣への移動がほとんど決まった時点で捕獲されてしまったのではないか。そうとでも考えないと、こちらの気持ちが収まらないのである。

早朝数匹の偵察バチが見えたが9時ころをピークに減り始め10時を過ぎるとハチの姿はまったくみえなくなった。2時を過ぎても変化はない。残念ながら「ミツバチの会議」はこの巣箱を選ばなかったようだ。

DSCN4346.jpg 
あーあっ、「ミツハチの会議」に却下された巣箱

偵察バチ来訪す

これまでのように毎日いくどとなく分封の気配を探り、定時に逃去防止器を着脱する必要もなくなった。いささか無聊を託つ気配なきにしもあらずのところ、本日、ルアーを吊しておいた待ち箱(ラングストロース式巣箱7枠)の巣門にハチの出入があった。



偵察バチに気づいたのは2時ころ。時間的に本隊が本日中に来ることはないだろうが日暮れまで途絶えることなく来訪は続いた。明日からせっせとチェックしなければならない。

もし本隊がこの巣箱を選んでくれれば、無聊どこへやらとなるのだが。

花粉の搬入が急増

昨日から花粉の搬入が急増した。帰巣するハチのすべてが花粉を帯びていることさえある。


2017/05/16

このコロニーの現状について考えてみた。


分封翌日の51日に女王が羽化したとしよう。5月7日くらいから交尾飛行(未確認)が数日あり、その後数日で産卵を開始したとする。交尾飛行と産卵開始までの期間がいずれも3日を要したとすれば5月13日には産卵が始まっている。働きバチの卵は3日で孵化するから5月16日には給餌が始まることになる。おっと、ピッタリ合うな。

 

一方、旧女王は430日に巣を出ている。離巣に先だって産卵は徐々に抑制されるが、ぎりぎり30日に産卵したとして、その卵が女王になるには約15日を要する。つまり5月15日には羽化する。昨日分封がなかったということは、もう分封は起こりえないことになる。


今後は逃去防止器を外すことにした。


DSCN4312.jpg 

もう逃去防止器は付けない


このコロニーでは分封は1回しか起きず、残念ながら分封群は捕獲できなかった。しかし、それによって女王の新旧交代は実現した。今後は新しい女王によって旺盛な活動を期待しよう。


そろそろ分封の季節も過ぎようとしているが、3台設置した待ち箱にもいまだ偵察バチの気配はない。ちょっと寂しい気分のこのごろである。

ハチマイッター風2号

最初に作ったハチマイッター風逃去防止器は精度に問題ありだったので、再挑戦。

まず、穴開け位置の精度を上げるため鉄板で等間隔の穴を開けたテンプレートを作ることにした。さらに、ワイヤーの間隔を3.8mmから3.6mmに狭めた。吉田忠晴『ニホンミツバチの飼育法と生態』にあるSスクリーンがこのサイズを採用している。Sスクリーン自体はセイヨウミツバチによる盗蜂防止を目的とするものだが、当然、逃去防止にも流用できる。それに、狭めたほうが女王が逃げ出す確率は低く抑えられる。

ワイヤーが径2mmだから両端が4.6mm、その他が5.6mm間隔となる。

DSCN4199.jpg
鉄板で作ったテンプレート

つぎに開けた穴の精度を上げるために板の厚みを12mmから21mmに変えた。板が薄いとワイヤーを通したときに穴が広がって遊びができてしまうからだ。

DSCN4203.jpg 
ハチマイッター風2号 3.6mm間隔

その結果が、次の写真。

DSCN4223.jpg 
3.6mm間隔 これでもすり抜けるオスはいる

ワイヤーの内側から黒い目玉をギョロつかせてい必死にくぐろうとしているのはオスだが、よくみると外側にもオスがいる。工作精度の問題もあるが、3.6mmでも抜け出るものは抜け出てしまうようだ。

待ち箱の移動とオオスズメバチ・トラップ

場所もないからと待ち箱を、現にハチの住んでいる巣箱のすぐ近くに設置してほぼひと月がたった。訪れる偵察バチの姿を見掛けない。気になって調べると、待ち箱は最低で既存の巣箱からも10mは離さないとダメだという。

そう言われてみれば、いまの巣から分封するときにも偵察バチは出たはずだが、もし近くでも引っ越すなら当然、すぐ脇にある待ち箱の付近をうろついたはずだ。

そこで、待ち箱を少しでも離そうと移動を試みた。

DSCN4173.jpg DSCN4172.jpg
3台は西側へ ルアーあり             1台は東側へ ルアーなし

引っ越し作業が一段落して、そろそろ逃去防止器を外す時間になったので巣箱を見に行くと、早くも巨大なオオスズメバチの女王が巣門を狙って徘徊していた。武器があれば叩き落とすところだが、素手ではいかんともしがたい。

そろそろトラップをと思ってはいたが、現実に先行されてしまった。近くのドラッグストアへブドウ液を買いに走った。

DSCN4177.jpg DSCN4178.jpg
ブドウ液+赤ワイン+酢の溶液            罠の入口

DSCN4176.jpg 
オオスズメバチ・トラップ

分封か交尾飛行かとやきもきしている巣箱に動きはないのに、なんだか忙しない日だった。
OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム