FC2ブログ

カキノキ群の内検

カキノキ群の内検を2日に分けて実行した。一度に内検してしまうと、ハチを騒がせすぎるような気がするのだ。


2018年10月20日 久々の秋晴れ


まず、2段目から。


はじめて短い見台を巣箱の上に置いて使用した。巣門側から2枚を取出して上桟掛けに移して巣内にスペースを作り、残りの巣脾を見台に置いて観察する。見台を直接巣箱と上桟の上に置いて使ったが、ハチの安全のためには、麻布を上桟の上に敷き、それから見台を置くべきだった。


手前の2枚上桟を取りだしてスペースを作り、残りの上桟は手前へずらしながら見台へ移す。


 DSCN8430.jpg DSCN8431.jpg

1枚目を上桟掛けへ               2枚目も上桟掛けへ


1枚目は小さな巣脾があるだけ。全体に形の乱れた巣脾が多い。ハチの密度は2~5枚目に集中している。飼育巣房は散見する程度。


 DSCN8434.jpg DSCN8435.jpg

3枚目 以下は見台               裏

   

DSCN8437.jpg DSCN8439.jpg

4枚目                     裏


DSCN8442.jpg DSCN8443.jpg

5枚目                     裏


 DSCN8445.jpg DSCN8447.jpg

6枚目                     裏            


 DSCN8450.jpg DSCN8451.jpg 

7枚目                     裏


DSCN8454.jpg DSCN8456.jpg

8枚目                     裏


2段目は、わずかに飼育房があるがほとんと貯ミツ房だ。有蓋の貯ミツ房がほとんどないのでミツ量も十分な状態とはいえない。


2018年10月21日 日曜日 今日も秋晴れ                     


1段目の内検。


昨日の2段目では巣脾を取出してもハチたちは落ち着いていて動揺しなかったが、1段目を開けたときのハチたちの反応は敏感で動きが激しい。騒ぎだすまでは至らなかったが、ハチたちがこの段が育児のコアであることを認識しているからだろうか。

 

1枚目はほとんどミツ房。半数ほどが有蓋となっている。


 DSCN8459.jpg DSCN8460.jpg

1枚目                     裏


2枚目以降は上部は有蓋のミツ房、下部は有蓋飼育房。中間には幼虫が見られる健全な巣脾の状態。6枚目から先は巣脾の形に乱れが見られる。


 DSCN8461.jpg DSCN8462.jpg 

2枚目 ここまで上桟掛け            裏


 DSCN8463.jpg DSCN8464.jpg

3枚目 ここから見台              裏


 DSCN8465.jpg DSCN8466.jpg

4枚目                     裏


 DSCN8467.jpg DSCN8469.jpg

5枚目                     裏


 DSCN8470.jpg DSCN8471.jpg

6枚目                     裏


あと7~8枚目はまた貯ミツ房のみとなる。

 DSCN8472.jpg DSCN8473.jpg

7枚目                     裏


 DSCN8474.jpg DSCN8475.jpg

8枚目                     裏


カキノキ群の1段目は総じて健康そうだが、2段目の貯ミツ状態は十分とはいえない。セイタカアワダチソウの花期が過ぎたら少し給餌しよう。


ちょいと気がかりなのは2段目が貯ミツのみということだ。重箱式で上部が貯ミツ用になるのには意味がある。下部に飼育房があってハチたちの活動で常時38℃程度に保たれていれば、その暖気は上に上がって貯ミツ部を温める。しかし、カキノキ群のように貯ミツ部が下にあると、ハチたちは冬期1段目に集まって蜂球を作り、ハチのいなくなった2段目は冷え切ってしまう。あまり冷えるとハチたちは食料とする貯ミツを取りに行けなくなる恐れがある。1、2段を入れ替えるという荒業をやればやったで、スムシが跋扈するかもしれず、悩ましい。

ヤマザクラ群の構成変更

昨日、カキノキ群とヤマザクラ群の内検をした。

カキノキ群はミツは少ないながらも充実している様子で、これからセイタカアワダチソウの流ミツが始まるから、それに期待することにしよう。

DSCN8374.jpg DSCN8373.jpg
カキノキ群の巣脾

カキノキ群は安泰だったが、ヤマザクラ群は人の介入が必要なようだ。

1段目を開けてみると、前回9/6に真新しかった盛上げ巣は古びてしまい成長していない。前回は多数のハチが巣脾を囲んでいたが、ハチの姿も少ない。1段目は放棄されてしまった様子。


DSCN8388_20181010162343a4b.jpg DSCN8390.jpg
ヤマザクラ群 1段目内検中           1段目にハチが少ない

巣門段の扉を開けてみると、ハチが鈴なりになっている。

DSCN8392.jpg DSCN8393.jpg
蜂球が垂下がっている              上桟にぎっしりハチが

巣門段の上桟はハチでいっぱいになっているが巣を作る気配はない。ヤマザクラ群は1段目の営巣を放棄する一方、巣門段へ巣脾を伸ばす意志がないのだ。巣門段+3段の構成で、営巣は2、3段目のみに集中し、上へも下へも巣を伸ばす気配がない。2、3段は重箱式になっていて巣脾が連続しているが、その上も下も上桟で区切られている。原因は不明だが、おそらく、この上下の上桟がハチたちには鬱陶しいのではないか。中途半端な上桟を取っ払い、自然な重箱式にするのがよかろう。

そのために、現在の最上段の巣箱を3段目にローテして、不要な上桟を取っ払う。

  1. 現在の1段目を外して2、3段目を1、2段目にする。
  2. 現在の2段目の上桟にできた盛上げ巣を除去する。
  3. 旧1段目は上桟を外して落下防止棧を付け、現3段目の下に継箱する。

これで現2段目を最上段とする素直な3段+巣門段構成の重箱式に切り替わり、新3段目はハチたちの自由な空間として利用できるようにになる。

DSCN8395.jpg DSCN8397.jpg
2段目の上桟から巣脾を除去           貯ミツはまったくない

DSCN8398.jpg 
いったん蓋を閉めておく

DSCN8399.jpg 
上桟を外し落下防止棧を設置

DSCN8404.jpg
巣箱リフトでり上げ

DSCN8407.jpg 
巣門段の上桟を撤去

DSCN8408.jpg 
改造した旧1段目を巣門段の上に置く

DSCN8410.jpg 
ヤマザクラ群の新しい構成

ハチたちにとってみれば大騒動である。ちょっと心配で巣の中を撮ってみた。

DSCN8411.jpg 
2段目の底まで見事な蜂球を形成していた

写真をみて一安心。見事な蜂球ができていた。チたちは、これでのびのびと営巣に励むことができるだろう。越冬に備えて十分な蓄えをしてほしい。

冬用の巣底へ

6月末から巣箱は夏用の網底になっていた。週末ごとにやってきた台風の猛襲も過ぎて、暑さのぶり返しも長続きはしないだろう。冬用の巣底に切り替えることにした。切り替えるというより、夏用の網巣底の下に、冬用の引出式巣底を追加するだけである。

夏用巣底では、巣内の温度が上がりすぎないように巣底全面を網として、外気が自由に出入りできるようにした。それは同時に、ハチたちの活動が生み出すゴミをそのまま地面へ落とし、巣内を清浄に保つ働きをもしていた。冬用巣底は保温のために外気を遮断するのでゴミが巣底に溜まってしまう。そこで、巣底を引出式にしてゴミの掃除をしやすいように工夫した。

DSCN8316.jpg DSCN8317.jpg
冬用の引出式巣底                掃除しやすいように下敷きを置く

作業の手順はどの巣箱も同じだ。

カキノキ群

DSCN8344.jpg 
巣箱リフトで巣門段から上を引き上げる

DSCN8347.jpg 
いったん敷板から網底を外す

DSCN8348.jpg 
冬用巣底を置く

DSCN8350.jpg 
網底を冬用巣底の上に戻す

DSCN8353.jpg 
作業終わり

DSCN8354.jpg 
掃除のときには引き出す

DSCN8355.jpg 
冬用巣底は吹き抜けになっている

引出部分を吹き抜けにしたのは理由がある。これまで強度や防寒を考えて裏側は閉じた構造にしていたが、そうすると掃除しにくい奥に巣ゴミが溜まってしまう。夏に向けて巣底を外したとき、そのゴミがスムシの巣窟になっていたのだ。吹き抜けにすれば引出の出し入れのときにいやでも隙間のゴミは外に押し出されてしまう。

今年も採蜜ならず

10月2日、コナラ群の採蜜を試みたが、残念な結果に終わった。

重箱式の採蜜は巣箱単位で行い、採蜜する巣箱の巣脾をすべて取出して、結果的に壊してしまう。またミツに雑物が混じらないように、同じ巣箱の中に卵、幼虫、花粉などの巣房が混ざらないようにする必要がある。

重箱式の採蜜の目安は、上から4段目まで巣脾が伸びて、3段目までが充実していることで、そうなれば1段目の採蜜が可能となる。ミツバチの巣は上から下へ成長してゆくが、ハチたちは貯蜜は巣の上部で、育児は下部で行い、育児に必要な花粉房は育児房の周辺に配置する。4段目まで巣脾が伸びるころには、花粉房や育児房は下へ移り、最上段は貯蜜房だけになっているという判断だ。PJの蜂場から引っ越してきて越冬し、ひと夏をやりすごしたコナラ群は巣門段を除くと4段あり、その条件を満たす。

DSCN7659.jpg
 巣脾の構成 
上桟を取出し見台に置いたところ。斜め上からで見にくいが、上部帯状の有蓋巣房が貯蜜房、下部の有蓋巣房が幼虫がすでに蛹になっているもの。点在する開いた巣房に、花粉(おもに上部)、卵、蜂児など入っている。貯蜜が進むと全面が有蓋の貯蜜房となり、育児エリアは下段の巣脾へ移る。

はじめての採蜜だから、まえもってあれこれ段取りを考えて必要な道具を揃え当日にのぞんだ。

DSCN8252.jpg DSCN8253.jpg
道具を揃え                   スノコを外す

細いステンレスのワイヤーの両端に取手を付けた道具で、スノコと巣箱の癒着を切り離す。スノコを外してみると現れたのはスカスカの巣脾だった。ミツはまったく見当たらない。普通なら、切り離した断面にミツが光り、巣板と巣板はもっと密に櫛比しているはずだ。

DSCN8256.jpg
1段目 スカスカ

巣箱の縁をコツコツと叩いて、1段目に残るハチを下段へ退去させ、1段目と2段目を切り離す。2段めはわずかに黒っぽいミツが見えるが、荒廃の気配は覆いようもない。

DSCN8258.jpg
2段目 黒い部分わずかにミツが見える

これでは採蜜など望むべくもないが、少なくとも1段目は外さないとスムシが跋扈することは目に見えている。1段目を外して蓋付きの大きなポリバケツに収容。2段目以下をもとの状況へ復した。

この惨状の原因はなんだ。反射的に思い浮かぶのは逃去か夏分封か。様子を見るために巣内を撮影した。

DSCN8260.jpg
1段を外した直後の巣内

おもえば猛暑にめげてここひと月ほど巣の内部は写していなかった。たしかに前回撮影した巣内に比べるとハチの数は大幅に減っている。しかし、巣箱を叩いてみるとシマリングの反応はあり、数は少ないが花粉を搬入するハチもいる。これだけハチが残っていれば逃去ではない。では、夏分封か。それなら、上の写真くらい巣脾の底が写っていれば、新女王が羽化した王台の跡がみえるはず。いったい何だ?

失望と戸惑いにめげながら、ポリバケツを作業場へ移動して、巣箱から切り離した巣脾がこれである(写真下)。

DSCN8261.jpg
1段目から切り離した巣脾

ミツロウを採ることはできても、ミツは採蜜の手間が惜しまれるくらいか。

気分を落ち着けてプロジェクトのリーダーに状況をメールしてみた。彼の診断は、この夏の猛暑による餌不足だろうという。巣の惨状に動揺して、逃去か夏分封かまでは疑ったが、餌不足には思い至らなかった。ハチの行動が正常に見えるし、最上段の空っぽの巣脾を取出してもほとんどスムシに侵された様子はない。リーダーが立ち会った最近の採蜜で同じような状況があったという。ハチ仲間とメールでやり取りすると、そちらでもスカスカの巣があったとのこと。どうやら餌不足と考えるのが自然だし、こちらの気分も楽になる。カキノキ群やヤマザクラ群も実質2段くらいしか成長しなかったのもうなづける。

さっそく、夕方に砂糖水を給餌した。その翌日、様子を見に行くと、こんな具合だった。

DSCN8289.jpg
給餌器にハチ鎖が垂れている

DSCN8292.jpg
もう給餌器に砂糖水はないが

DSCN8295.jpg
1段減って充実した蜂球

巣門段の扉を開けると給餌器にハチ鎖が垂れていた。ハチたちは自分たちの通路を確保するために臨機応変にハチ鎖を組む。新しく巣脾を中空に延ばすときもそうだし、巣の位置が巣門から遠くなってしまったときもそうだ。前者は足場を作るためだし、後者は、おそらく板の面を歩くよりハチ鎖のほうが楽なのだろう。この場合は、給餌器のミツを吸い上げて巣脾へ運ぶために利用している。

群自体は健全そうだから、適当に給餌してやれば無事に越冬できそうだ。カキノキ群やヤマザクラ群は今年スタートした群だから採蜜する予定はない。つまり、養蜂3年にしていまだ採蜜ならずである。

アナフィラキシー

先日、ニホンミツバチに刺されてアナフィラキシーとおぼしき症状になったのでメモしておこう。

ハチを飼いだしてからほぼ3年。セイヨウミツバチとニホンミツバチに幾度となく刺された。子供の頃には庭や野原で遊んでいてアシナガバチに刺されることは珍しくなかった。なのでハチ刺され自体にあまり抵抗感がない(もちろん好きじゃないよ)。昔のことでぼんやりと思い出すだけだが、ミツバチに刺されるよりアシナガのほうは痛かった気がする。ミツバチの場合、体格に応じて刺したときに射出するハチ毒の量が多くなるから、洋バチのほうが刺されると痛い。

いずれにしても刺されれば、しばらくは痛くて、じょじょに患部が腫れてくる。しばらくすると痛みより痒みを強く感じるようになり、数日すれば何事もなかったようにもとの状態に戻る。ハチの毒を免疫治療に使うこともあるから悪いことばかりではない。

洋バチより和バチははるかに性質が温和で人を刺すことはほとんどない。だから日頃、和バチの世話は素手、素面で、手袋や面布は着けない。ハチたちが機嫌の悪いときは近づかなければいい。

その日はカキノキ群の2段目の内検をしていた。巣門側の上桟2本を上桟掛けに出してスペースを確保し、残りの上桟をひとつずつ引き出して巣脾の具合を見ていた。上桟の下面に形成された巣脾にミツが貯まっているから、それなりの重みがある。8本ある上桟の6本目を持ち上げると、何の荷重もなく上桟だけが出てきた。スターターの三角柱が上桟から外れて巣内に落下していのだ。上桟と三角柱はグルー(ボンド)ガンで接着してあるが圧着が甘かったのだろう。

DSCN8176_20180924221406682.jpg 
三角柱が落下していた(矢印の先) その下に巣脾が着いている

DSCN7163.jpg DSCN8221.jpg
上桟と三角柱のスターター            巣枠ホルダ

ちょいと焦ったので、これから先は写真を撮る余裕がなかった。

はてどうするか?

この状況でボンドで接着するのは無理だから針金で縛ることにした。

落ちた三角柱を巣脾が剥がれないように取出して作業場へ移動し、そこで巣脾に針金を通し、上桟に固定するのだ。落ちた三角柱を取りだすために、最近入手した巣枠ホルダーを使った。送料込み数百円で中国から直送してくるやつだ。いくら簡単な装置とはいえ何でそんな値段で儲けがでるのだろう?

巣枠ホルダで三角柱を掴んで、ハチがいっぱいうごめいている巣脾が剥がれないように(巣脾の底が下段の上桟に癒着しているかも)そーっと引き上げる。穏やかにという意識がホルダを握る力を緩るませたのか、途中、三角柱がツルっと滑って残りの上桟の上に落ちた。コツンという音とともに、驚いたハチたちが一斉に飛び立ち、攻撃モードで当方の顔を襲った。こちらもハッとして、動作をフリーズしたが、ときすでに遅し。左の眉にハチが張り付いた感触の直後に痛みが走った。ハチの巣は開きっぱなしだが、こうなれば治療が先だ。作業場から自室に戻って、まず薬箱からステロイド軟膏を探す。次に親指と人差し指で患部を挟むようにして毒針を押出し、軟膏を塗った。

この辺りから普通のハチ刺されと症状が異ってきた。体が震え顔は紅潮し、顔はまだ腫れていないのに、刺されてもしない両の手が赤く腫れ上がった。それに咳が出てとまらない。これはアナフィラキシー・ショックに違いない。はじめての経験で驚いたが、それ以上悪化するという感じはまったくしなかった。しばし、様子を見たが意識への影響もなさそうだったので修復作業を続けた。

DSCN8177.jpg 
修復した上桟だけ色が違う

顔の紅潮や手の腫れは2時間ほどで収まったが、顔の腫れがどんどんひどくなった。当日の夜は、痛みというより患部の発熱と痒みでほとんど寝付けず、朝方にまどろんだ程度。翌日は顔の左半分は腫れ上がって左瞼が開かなくなりお岩さん状態となる。それでも午後から腫れは引き出したが、痒みは依然として残った。3日目には顔の腫れはまだ残っているが、患部の違和感はほとんどなくなる。よそ目にわからなくなるまで4日ほどかかったろうか。

数えきれないほどハチには刺されているのに、なぜ今回に限ってアナフィラキシーとおぼしき症状が出たのか謎だ。次回刺されたときにどういう症状がでるかも気になる。しかし、これは別にハチが悪いわけではないので、今後ともハチとの付き合い方を変える気持ちはない。
OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム