ETV特集「アメリカから見た福島原発事故」 → 再放送

8月15日に、NHKが福島原発事故について、あのタイプの炉を設計したGEの技術者などにインタビューしたドキュメントを流した。

下記日時に、再放送がある。見逃した方は必見!!!

[ 番 組 名 ] ETV特集「アメリカから見た福島原発事故」
[チャンネル] Eテレ/Eテレ3
[ 放送日時 ] 2011年9月4日(日)午前0:20~午前1:50 [3日(土)深夜](90分)

非常に興味深い内容だったので、印象に残ったことをメモしておいた。日誌から下記にコピペする。

(1)福島の事故を起こした原発は、格納容器が小さすぎるという設計上の誤りがあること。
→なぜ小さくしたかといえば、そのほうが安上がりでGEは売りやすかった。日本は最高の顧客で、アメリカではあの原発で儲けはでなかったが、日本では儲けた(日本は受注後の設計変更に対価を払ったが、アメリカでは契約上払ってもらえない)。

(2)小さすぎる容器が危険(水素爆発)なことはアメリカでは20年前に理論計算で分かっていた。今回の事故はそのシミュレーション通りに起きていた。

(2)’そのための事後対策がベント(ガス抜き)の増設である。日本でもベントは増設されたが、ベントが必要になる事故など起こるはずがないと思い込んで作っているので、ベント自身の設計がずさんだった。実際、ベントの操作はスムーズにはいかなかったと記憶する。

(2)’’圧力制御容器(トーラス→炉の下のドーナッツ)は格納容器を小さくするために導入された容器だった。しかし、あとからの検証で、炉の温度が高くなりすぎて水蒸気が圧力制御容器に噴出した場合、圧力抑制容器自体が破損する可能性があることがわかった。これも福島でそのとおりになった。

(3)当時アメリカでも問題になったが、電力会社が高名な物理学者を巻き込んで反論して産業界、政界、学会に根回しをしてうやむやにした→これも日本と同じ。

(4)アメリカでGE同型原発はすべて地震のほとんどない東海岸にあり、その意味であちらでは安全。

(5)全電源喪失の危険を防ぐため、ディーゼル発電機を増設しているが、本来分散してより安全な場所に設置するものを、同じ場所でしかも危険度の高いところに設置していた。これは信じられないほどの人為ミス(←もと東電副社長の発言。聞く方はこの言いようにも耳を疑ったが)

ドキュメント後に元NHKキャスターの小出氏が元原発プラント設計者と話し合っていたが、原子炉設計者もそこまで明確に危険性が指摘されていたこを知らなかったという。小出氏は、産業界、政界、学会とそれにメディアまでぐるになってしまう日本の隠蔽体質というか、阿吽の呼吸・暗黙の了解で原子炉問題が推移してきたことを自戒を込めて述懐していた。

いま思い出したので付記しておくと、福島一号機建造当時、GE自体もあのタイプの原子炉(あるいは原子炉そのもの?)の建造経験がなく、日本はよくいえばモデルケース、わるくはモルモットだった。

すごい!!! Sakuさん、迫真の「東日本大震災」体験レポート 

ご近所ブログのSakuさんが、今度の震災の迫真のレポートをブログにアップ。なにせ彼は、あの地震の最中、港に駆けつけて津波が押し寄せる直前に船を沖に出して、事なきを得たのです。されど、九死に一生といえるほどのぎりぎりの幸運だったともいえるでしょう。
それに、最近の余震でも真夜中に起きて船を出した。

必見のレポートです!!!

回想1 http://sakuta.qee.jp/blog/?p=3785
回想2 http://sakuta.qee.jp/blog/?p=3794
回想3 http://sakuta.qee.jp/blog/?p=3804
回想4 http://sakuta.qee.jp/blog/?p=3815
回想5 津波は1 http://sakuta.qee.jp/blog/?p=3827
回想5 津波は2 http://sakuta.qee.jp/blog/?p=3833
波2m http://sakuta.qee.jp/blog/?p=3846
回想5 長い夜 http://sakuta.qee.jp/blog/?p=3825
回想5 長い夜2 http://sakuta.qee.jp/blog/?p=3879
回想5 長い夜3 http://sakuta.qee.jp/blog/?p=3885
回想5 長い夜4 http://sakuta.qee.jp/blog/?p=3903
回想6 母港が… http://sakuta.qee.jp/blog/?p=3930
もしものために http://sakuta.qee.jp/blog/?p=3955

東電福島第一原発事故についての資料

→ 資料(5)-2、(7)追加 2011/05/06

仲間内の掲示や、Webで偶然見つけたものや、いろいろあるが、これまで見てきた資料についてまとめてみた。いずれもWebで公開されているものばかりなの知り得た経緯は詳述しない。

(1)「原発がどんなものか知ってほしい(全)」平井憲夫
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html#about

内容からして1996年頃に書かれたもの。過度に強調(多分、故意ではなく筆者の実感として)されている記述も散見されますが、ここに示されている「机上の論理と施工の実態の乖離」は真実のように思えます。日本の技術への信頼性だけは無くしたくなかったのですが……

(2)「buzz communication をこそ・・・・ある教師の苦悩」
http://blog.goo.ne.jp/gooogami/e/a86aef13bb9dfeb1513217b1b135eb0e

こうした純粋な論理は、“現実”って化け物の前には力がないもの。ある意味で、“大人”は見向きもしない(あるいは真っ向から反論不能な)論理かもしれないが、こんなに簡潔に真実を論証してしまった文章を見たことがない。

---そのブログより引用---
 0.制御できなくなった原発は危険。
 1.何かあったら原発は制御できない。
 2.「何か」は起りうる。(「想定外」の津波とか)
 3.原発は危険。
--------------------------

(3)「福島原発の放射能を理解する」Ben Monreal
http://ribf.riken.jp/~koji/monreal.pdf

物理学者が今回の事故について一般向けに解説しています。まだ事故後まもなく(3月16日)公表された資料で、なぜこういったものを日本の学者がすぐに出さないのか疑問に思いました。

(4)「「最悪シナリオ」はどこまで最悪か」飯田哲也
http://www.isep.or.jp/images/press/script110320.pdf

上記の疑問のあと、すぐにこの資料を知りました。この原発事故がチェルノブイリ級(再臨界→核爆発という意味で)の事故に発展するかどうかを“定性的に”評価しています。(3)とあわせて科学者の中立的な評価と思います。

(5)-1「東日本震災における原子力発電所の影響と現在の情況について」
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/images/f12np-gaiyou.pdf

タイトルがいかにも客観的を装う卑劣を思わせますが、内容は詳細で正確(多分、素人判断ですが)に思えます。

(5)-2福島第一原子力発電所の状況について 2011/05/06追加
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/#anchor02

東電が公開する最新の情況。

(6)「常識の源流探訪」伊藤乾
http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20070619/127758/

日経ビジネスの連載。科学と芸術の両キャリアをもつ筆者が独自の視点で事故関係の「常識」を見直しています。“正しく怖がる放射能”とは言い得て妙です。

(7)緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による計算結果(文科省) 2011/05/06追加
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1305747.htm

以前から予測ソフトの存在は聞いていたが、メディアの話題になって、やっとシミュレーション結果を公開。事故発生当時公表しなかった理由はいくらでもつけられるが、避難区域設定にこれを利用しないでなんのための予測システム? なんだかうんざり。

原発とは直接関係しませんが、最後に映像です。現実はあくまで現実です。
http://www.boston.com/bigpicture/2011/03/japan_-_new_fears_as_the_trage.html
http://www.boston.com/bigpicture/2011/03/japan_-_vast_devastation.html
http://www.boston.com/bigpicture/2011/03/japan_one_week_later.html#photo6

自然災害と原発事故 その2

わたしの粗雑な饒舌より、この「buzz communication をこそ・・・・ある教師の苦悩」をご覧ください。

こうした純粋な論理は、“現実”って化け物の前には力がないもの。ある意味で、“大人”は見向きもしない(あるいは真っ向から反論不能な)論理かもしれないが、こんなに簡潔に真実を論証してしまった文章を見たことがない。

---そのブログより引用---
 0.制御できなくなった原発は危険。
 1.何かあったら原発は制御できない。
 2.「何か」は起りうる。(「想定外」の津波とか)
 3.原発は危険。
--------------------------

庚申塚転倒

我が家は県道242号と旧道の間にある。その旧道は、飯沼街道と呼ばれて、水戸方面と銚子の飯沼観音を結ぶ往時の主要道である。流石に歴史の古い街道らしく、近くには鹿嶋神宮の北の一の鳥居跡(戸隠神社)や、こんもりとした森に囲まれた庚申塚があって、その名残をとどめている。

今日、浜風で通りかかったら、この庚申塚が倒れていた。
DVC00001_20110402110632.jpg DVC00003_20110402110631.jpg
森に囲まれた庚申塚 あの地震のせいだろう

DVC00002_20110402110706.jpg
転倒した庚申塔

DVC00004_20110402110706.jpg
正面を伏せて倒れているが

DVC00005_20110402110630.jpg
2mほどのこんもりした、まさに“塚”になっている
倒れた先は軟らかい地面だから、元に戻せば大きな被害はないように思う。


OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム