Windows 10復活の長ぁーーーい話

わがPC、Windows 10とともに昇天」を投稿したのは、まだ夏の盛りの8月15日だった。

マザーボードを修理に出す

結局、サブのPCに作業環境を移して、メインのPCのマザーボードを正規代理店へ修理に出した。しかし、修理先からCPUのソケットに傷があるので修理費は2万円ほどになるとの返事があった。そんな馬鹿な、BIOSアップデートの失敗でCPUのソケットが傷つくわけがない。妄想はあらぬ方に向かい、自分たちで壊しておいて、最初から壊れていたことにして誤魔化そうとしているのではないか。不信に満ちて、修理依頼をキャンセルしてマザーボードを返却してもらった。戻ったマザーボードを見るとたしかに、CPUソケットのピンが2カ所曲がっていた。

CPUソケットのピンはなぜ曲がった?

CPUを外すだけでピンが曲がるはずはない。その一点だけで、疑惑の念を募らせたのだが、実際にソケットの構造を見ると、ある可能性に思い至った。従来のCPUは本体側にピンがあり、それがソケットに接触する構造だから、CPUのピンを曲げる可能性はある。しかし、最近のCPUの端子はピンではなく、ランドという面になっいて、逆にソケット側に細い針金状のピンが生えているのだ。となると、CPUを取り外す時点よりも、マザーボードを梱包するときに、ソケットに梱包材が触れてピンを曲げた可能性が高まる。これには、思い当たる節があった。ソケットにはピンを保護するケースが付いているが、探すのが面倒でそのまま梱包材でマザーボードをくるんでしまった。そのとき、梱包材の一端がピンに触れでもすれば、ピンが曲がることは、大いにありうる。

2万円でマザーボードを修理

修理費2万円は、新品で購入したマザーボードの価格より高い。ネットを調べてもいまさら新品はなし、オークションでは1万5,000円くらいからあるが、中古のマザーボードでは何度かいやな目に遭っている。しばし、うだうだ考えたが、結局、正規代理店を信じることにして、再度修理を依頼した。

修理からマザーボードが戻ってきたのが9月15日、ちょうどあの記事から1カ月経っていた。修理といっても実際に戻ってきたのは別のマザーボードだった。実質、同じマザーボードではあるが別の製品に交換されたものだった。しかも、マザーボードの角が反り返っている。当然、返品するのが筋だが、またまた最低3週間程度かかるかと思うとクレームをつける気力も失せ、ま動きゃあいいや、となった。

それでもBSoD頻発

このマザーボードに元の部品を取り付け、Windows 10を起動してみる。確かに動くことは動くが、ブルースクリーン(BSoD)が頻発し不安定なことは同じだった。しかも、不愉快なことにOffice 2013の認証が通らない。当方の使っているOfficeライセンスはインストールに回数に制限がある。マザーボードが替わったことで、インストール回数がカウントされて回数オーバーになってしまったのだ。なんのことはない、Office 2013をアンインストールしてOffice 2010へディグレードする羽目になった。

そのあとも依然としてPCの不安定は続いた。頭にあるのは、Windows 7 → Windows 8 → Windows 8.1 → Windows 10と何代かのOSをアップグレードしたことによって、堆積したゴミの影響だろうという憶測だ。BSoDがあまりに頻繁になり、ついにこれ以上使い続けるのはうんざりという心境に達した。

それから、まっさらなWindows 7から最新のWindowsアップデートを適用し、Windows 10へ至るパス、また、同じくまっさらなWindows 8.1からWindowsアップデートを経てWindows 10へ至るパスを試したが、いずれも動作は不安定でWindows 10へのアップグレードは失敗してしまう。

こうなると、疑心暗鬼で、修理したマザーボードが不良品ではないかとの疑念が頭をもたげてくる。代理店に質問状を出せば、「CMOSをクリアしてみよ、外せる周辺装置はすべて外し、メモリ・カードは1枚だけで動作を調べよ。それで異常があれば再調査するからマザーボードを送れ」の返事。まあ、予想どおりの紋切り型である。

悪いのはどれだ

ダメもとでやって見た。まず、CMOSクリアは関係なし、また周辺機器もPC動作の安定に関係ないことが確認できた。

残すはメモリだ。最近のメモリは2枚セットでデュアル・チャンネル構成になっている。つまり、データの転送チャンネルを並列にしてメモリへのアクセスを高速化している。たとえば、全容量が16ギガのメモリなら、16ギガ1枚で使うよりも、8ギガを2枚で使った方がPCの処理は速くなる。ただ、1枚だけでも8ギガもあればPCの動作に支障はない。メインのPCはこの構成だったので、8ギガ1枚でやってみた。結果は、同じ。しかし、もう1枚のメモリに交換したところ、動作は安定し、BSoDはまったく起きない。2カ月以上の苦労が嘘のようだ。ためしに、8月の段階であまりにBSoD多発で諦めたWindows 10の入っているSSDと交換してみると、こちらもなんのトラブルもなく起動して、安定に動作した。

犯人はメモリだった

結論は、2枚のメモリのうちの1枚が不良だった、正確には、ある時期から不良になった。

Windows 8.1からWindows 10へのアップグレードによるトラブルの連続と思い込んでいたのが、真犯人はメモリの故障だった。たまたまアップグレードのタイミングでメモリの1枚に不具合が発生したのだ。メモリのトラブルというと、マザーボードとの相性はよくあることだが、正常に動作しているメモリが途中からおかしくなるというのはPCとの長い付き合いでも経験がない。現に、最近のメモリ・メーカーは製品に永久保証を謳っていることが多い。寺の永代供養と同じで、会社がいつ潰れるかも分からないのによく言うよとバカにしていたが、ことほど左様にメモリは故障しにくい製品なのだ。

思い返せば、マザーボードの不調と思い込みBIOS更新を試みて失敗したのも、間接的にはメモリの故障が原因。となると、2万円も出してマザーボードを交換したのはまったくの無駄な金と時間の消費だった。

許せ、Windows 10!!!

というわけで、わがやのWindows 10は2カ月を経て復旧したのである。ここは、あらぬ罪を着せてしまったWindows 10に謝らねばならない。

調べてみると、メインPCのメモリも「永久保証」だった。代理店にただすと、保証は2枚1セットの商品としてだから、1枚だけは交換できないとのこと。当然、向こうでも検査するわけだから、2枚もってかれるとメインのPCが動かない。その間、またサブのPCに作業環境を移して凌ぐしかないのか、うっとうしい話である。

いまどきFAX?

USBのFAXモデムを買った。

いまどきFAX? とわれながら思うのだが、アラセブの当方の周囲にはいまだにFAX以外にイメージデータをやりとりする手段のない知人が少なくない。パソコンに無縁の衆生がまだ多数現存しているのだ。

以前からUSBのFAXモデムのあることは知っていたが、あまり評判がよろしくない。しかし、Windows 10の出現以降、Amazonなどの書き込みを眺めてみると多少風景が変わったように感じた。それに、なんてったって最安で税・送料込み1,200円に満たないものがある。これならダメでも諦めはつくと思い、Amazonから取り寄せた。
無題
Amazonのカタログより
ドライバの入ったCDも付属する
通常のUSBと同じプラグアンドプレイだから、とりあえずPC本体のUSB端子に差し込んで見ると、なんなくWindows 10がモデムを認識し、デバイスとして「Conexant USB CX93010 ACF Modem」が現れた。ドライバまわりで多少苦労するかと思っていたが、拍子抜けだ。

そして、NTTの光回線の端末機にある2つの電話端子の空いている方にFAXモデムの電話側を接続してみた(もう一方にはすでに固定電話が接続してある)。Windows 10の「Windows FAXとスキャン」も問題なく起動し、FAX設定が可能だ。

見かけはこれでFAXを送受信できるはずだが、なにごとも試してみなければ本当のことは分からない。

まずFAXの受信テスト。Windows 10のアクセサリーから「Windows FAXとスキャン」を起動し、FAXの受信条件を呼び出し1回で自動受信に設定しておき、浜風で近所のコンビニへ走った。コピー機がFAX端末にもなっているので、メニューを選んで自宅へ送信したが…………、繋がらない。やっぱり安物はダメかと諦めかけたが、思い直し、以前使っていた電話とFAXモデムの自動切替器を部品箱から取りだして設置してみた。光端末機の電話機を繋いであった端子に自動切替器を接続して、それを介して電話とFAXモデムを繋いで、再度挑戦…………やった!! 今度は無事に送信完了までいった。送信は1回50円、しめて100円のテスト料を取られたことになる。

次はFAXの送信テスト。テスト原稿をWordで作ってておき、FAXのある知人の家に電話をかけ、事情を説明してテスト送信するむね断っておく。FAX送信はWordの印刷メニューから行う。WordからみるとFAX装置はプリンターの一種に見えている。既定のプリンターをFAXモデムに切り替えて印刷すると、宛先の電話番号を入力するパネルが開く。電話番号を入力して送信ボタンを押す。あとは通信経過を表示するパネルが開いて…………通信終了。念のためFAXモデムをPC本体のUSB端子からハブ経由に繋ぎ変えてテストしたが、こちらも成功。

平成 27-9-3 14-30-34平成 27-9-3 14-31-49
印刷するとこのパネルが開く送信状態の確認

いまでも外付けのFAXモデム単体は1万円前後するが、これは送料込みでも1,200円に満たない。まさに隔世の感あり!!!

まあ、滅多いにないのだけれど、これでFAXしかない知人とも支障なくやりとりができることになった。めでたし。

わがPC、Windows 10 とともに昇天

Windows 10というより、わがメインのPCが昇天してしまった。

今日も朝からBSoD(Blue Screen of Death、死の青画面)を繰り返し、再起動ももたつくようになり、ついにはUEFI BIOS自体が起動画面でフリーズする状態に陥った。これはWindowsが起動する前の段階だから、Windows 10どうのこうのより基本的なマザーボードがらみのトラブルだ。

BIOSが起動しなくなると、従来のマザーボードではそれでアウトだが、最近はマザーボードの電源をオフのままで、内蔵電池を電源にUSBメモリからBIOSを更新できる機能がある。さっそくそれを使ってみたが、これが失敗。

BIOSの更新が開始したことはLEDで確認できるが、いつまでたっても終わらない。LEDの点滅で更新が開始され、点灯状態に移行して数分で消灯すると完了というのだが、数分はおろか数十分経っても点灯したままなのだ。要はBIOSの更新が失敗したわけで、マザーボードの故障としては致命的である。メーカー修理以外に手はない。おもえばあまりに不安定なWindows 10の症状は、もしかしたらマザーボードの不具合と錯綜していたのかもしれない。

というわけで、現在は、メインのPCのデータディスクをサブへ移動して、この記事を書いている。システムディスクとデータディスクを分けておくと、こういうときに便利だ。使っていたデータは丸ごと移動するわけだから、情報的な齟齬はなくすんなり移行できる。もっとも、最近はセキュリティが厳しくなっているので、ただディスクを繋ぎ替えただけではデータは読めない。電話やメールでユーザー認証をしないとならないのでやっかいだが、まあそのくらいは我慢である。

さすがに数世代前のCPUを使ったPCはいささかもたつくが、システム設定を調整すればほとんど違和感なく使える。この場合は、データディスクを物理的に繋ぎ替えたわけだが、もしこれがクラウドに置いたデーターなら、ただ別のPCでログオンすれば済む話だ。どちらを見ても、世の中はその方向へ流れている。否応なしだ。

Windows 10のアップデート

「設定→更新とセキュリティ→Windows Update」を覗くと、はやくもWindows 10の更新プログラムがダウンロードされていた。少しは改善されるかの淡い期待をもって、更新を適応して再起動。

ああ無惨、ますますブルースクリーンは頻発し、目も当てられない。とくにブラウザがひどい。Edgeならいいだろうと思ったら、それもだめ。ブラウザ起動せず or 起動するとみせて画面消失 or 起動しても強制終了といろいろあって、最後にPCを巻き込んでブルースクリーンへ突入。

もうWindows 8.1へロールバックするかと思いながらも、小一時間使い続けると、なんとなく症状が収まってくるから不思議だ。怨嗟の言葉をまき散らしつつ、まだWindows 10との対話?を続けている。

後戻りでききないことも、Windows 10

最初の記事で、Windows 10へのアップグレードが失敗すると、自動的にもとのWindowsへ戻ると書いた。しかし、これが必ずしもそうとは言えないことが起きてしまった。

まっさらなSSDにWindows 7をインストールして、Windows 10へのアップグレードを進めた話を書いたが、その続きだ。Windows 7はWindowsアップデートで最新の状態になり、タスクバーにも予約のWindowsフラッグが立った。それから何度かアップグレードを試みたがいずれも失敗した。コントロールパネルのWindowsアップデートのパネルを見ると、「Windows 10のアップグレードに失敗」とメッセージが出ている。ところが数日前に同じパネルをみると、そのメッセージが消えていた。さてこそ、こんどはアップデートできるかと試みたのだが、やはり失敗して元のWindowsへの復元が始まった。

ところが、この復元作業がいつまで経っても終わらない。画面はブラックアウトしたままハードディスクのLEDだけがせわしなく点滅を続けている。しばらく放置しておいたが、最後は諦めて電源を切った。それ以後、何度試みてもWindows 7の起動画面は出るのだがそのあとは応答なしである。

つまり、Windows 10のアップグレードが失敗しても、かならずもとのWindowsへ戻れるとは限らない実例を体験してしまったことになる。
OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム