初霜・初氷

今朝、暖房のない室内の気温が5℃だった。

たぶん霜は降りていた日もあっただろうが、はっきりわかったのは今日がはじめて。

DSCN3148.jpg 
オレガノ

 DSCN3153.jpg
ディル

DSCN3142.jpg 
茎ブロッコリー

DSCN3149.jpg 
薄氷の下のヒメスイレンの鉢

おおーーちゃぷ、ちゃぷ。

絶景のとんかつ屋

NHKの「ブラタモリ」は、当方にはめずらしくリアルタイムで見ることが多い。

じつは昨日、この番組で、かつていきつけのとんかつ屋が登場した。沼田街道沿いにある「とんかつトミタ」だ。茨城の辺境に住まいするいまとなっては、いきつけもないものだが、懐かしかった。尾瀬ヶ原や近傍のスキー場へでかけた帰りは、山・スキー仲間とともによくこの店へ寄った。

ブラタモリは、地理・地形愛好家のあいだでは大評判の番組。この番組で取り上げられた地域は、すかさずTwitterにカシミール3Dで地形的な特徴を強調した地図が投稿される。

下の地図は、カシミール3Dの作者DAN杉本氏自身が投稿したもの(twitter.com/DANkashmir3d)。

とんかつトミタ
とんかつトミタ → 拡大して見て欲しい

拡大するとわかりやすいが、いかに絶妙な場所にこのとんかつ屋があるかということ。店の入口から奥に進んだ正面の小上がりが、片品川河岸段丘の切り岸にあり、そこから絶景を堪能できる。緑の線は関越道で、この高速からの眺望も捨てがたい。もっともドライバーはのんびり眺めているわけにはいかないが。

初霜

昨夜からだいぶ冷えていたが、今朝、初霜が降りた。

DVC00005_20131213081851b44.jpg
霜柱

DVC00002_2013121308185301b.jpg
ニンニク

DVC00003_201312130818547ce.jpg
カタバミ 左奥はニラ

DVC00004_201312130818561d6.jpg
ニンジン

海霧

昨日の夕方から海霧が立ちこめていたが、 今朝、居間の障子を開けて驚いた。網戸にべっとり水滴が溜まり、ベランダが雨が降ったように濡れている。

さらに庭のあそこもここも白くキラキラ輝いている。クモの巣に結んだ露に朝日が反射していた。驚くほどたくさんのクモがこの狭い庭に棲息していたのだ。なんと賑やかなこと。

DVC00004_2013100821324474f.jpg

DVC00006_2013100821324269a.jpg

DVC00001_20131008213240e75.jpg

DVC00003_20131008213241530.jpg

立ち籠めた海霧が、人の背丈の及ばないところに所狭しとクモの巣が巡らせてあったことを知らせてくれた。

外浪逆浦、晩夏

このところ所用でよく外浪逆浦(そとなさかうら)の堰堤を浜風で走る。実はこの「外浪逆浦」は、こちらへ引っ越した当時はなんと読むのかわからなかった。まるで海のような名前だと思ったが、それもそのはず、中世以前は霞ヶ浦~北浦一帯はほとんど内海といっていい状態だった。”なさか”とは波が逆巻くのだから、さぞかしこの辺りは航路の難所だったのだろう。かつてのこの辺りのことは北畠親房の神皇正統記を調べていて知った。いまでは想像もつかないのどかな内陸の水域である。

昨日は、昼頃までは気温も低め、怪しい雲行きだったが、夕方になって晴れ上がり、雲の伽藍が行く手に聳えた。
 
DVC00001_20130903211943ff8.jpg
外浪逆浦左岸より北西方面

DVC00002_20130903211944f01.jpg
北方 あの左奥の巨大な積乱雲がスーパー・セル?

外浪逆浦を走っているころには知るよしもないが、このころ越谷、松伏、野田の方面で強い竜巻が発生していた。かつて住んでいた鳩ヶ谷とは10キロと離れていない。去年の筑波の竜巻に匹敵する規模のようだ。

DVC00003_20130903211945f09.jpg
北東方面 遠くの赤い橋は鰐川大橋

DVC00005_20130903211948c5e.jpg
南東方面 収穫の終わった田圃とまだの田圃

DVC00008_201309032120597d1.jpg
南西方面

DVC00009_20130903212100620.jpg
西方

ぶり返した暑さにめげながらも、夏の終わりを感じた。
OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム