ベーコンの燻製

ひさびさにベーコンの燻製を作った。

これまでの方法から、3点変更したことがある。

いままで発煙箱と燻製箱を分けて、前者で250Wのヒーターでチップを燃やして、その煙をパイプを使って燻煙箱に送っていた。そのほうが燻製箱(ヒーター1200W)の温度を制御しやすいと考えたからだ。今回は発煙箱を廃し、燻製箱の中で直接発煙することにした。

DSCN6200.jpg DSCN6220.jpg
発煙箱を廃止                  発煙250W、加温1200W

理由は2つ。ひとつは、厳冬期に燻製箱内の温度を上げにくいこと。また発煙箱より燻製箱の温度が高くなると煙が燻製箱へ流れにくくなり、通気を良くするために燻製箱の上部をわずかに開けると、箱内の上部の温度が下がってしまうことだ。

DSCN6201.jpg 
吊るし棒を天井直下へ

もうひとつは、燻製箱の吊るし棒の位置を天井ぎりぎりまで上げたこと。これまで吊るし棒の上にも食品を置けるスペースを設けていたが、ほとんど使わなかった。

今回は500gの豚バラを6本、合計3キロ。

DSCN6237.jpg DSCN6238.jpg
ピクル液に1週間ほど漬ける           ピクル液を洗いフックに掛ける

最後の変更点は風干の方法だ。これまでは燻製する前夜にベランダで干しておき、当日に作業場へ移していたが、今回は燻製箱内で風干することにした。これで作業工程は大幅に短縮できる。

ただし、防虫・防獣の対策が必要だ。燻製箱の上の蓋を外し、その替わりに防獣用の金網と防虫用のプラ・ネットを2重に張ることにした。

DSCN6240.jpg 風干のため前日から肉を吊るす

DSCN6243.jpg 防獣・防虫ネット 一晩かけて風干する

我が家の庭をテリトリーとして闊歩しているネコらにはたまらない誘惑であろう。案の定、夜中にはしきりにゴソゴソ物音がして、はては燻製箱に立てかけた野地板を倒して騒音を立てていたが、奴らの努力は虚しく終わった。

DSCN6254.jpg 深夜、ネコに倒された野地板 零下4℃まで下がるとの予報で毛布を掛けておいた

当日は快晴であったが寒風が吹きすさび、日中でも気温3℃と厳しい条件だった。温度は、燻製箱内の上中下3カ所で測定。一番下は吊るした肉の内部温度を測定している。サーモのセンサーは温度を測定している肉の近くに設置。

DSCN6261.jpg DSCN6265.jpg
温度測定・制御                  上中下3個所で測温

10時ころに電源を入れ余熱開始。サーモは55℃に設定して箱内温度60℃を目指す。体験的にこのサーモは設定温度より箱内は5℃ほど高くなる。

11時ころに箱内60℃に達し、温干開始。もっとも、肉はすでに庫内にあるので余熱時間も多少温干時間に加算したほうがいいかもしれない。

12時前にチップを投入して燻煙を開始、その後3回ほどチップの追加を行う。

13時、燻蒸を終了し、箱内80℃を目指し加温を開始する。

午後になると日差しは陰り、寒風は骨身にしみた。

16時、肉の内部温度が60℃に達する。さらに20分ほど箱内80℃を維持し電源オフ。あとは余熱で放置する。

夕食後に蓋を開けて出来を確認。

DSCN6256.jpg ベーコン完成

DSCN6259.jpg
やれやれ

ひさびさの燻製はなんとか完成した。第一印象はやや加熱しすぎたか? あとでカットしてみたが、ほどよいピンクの肉が残っていて問題なし。

発煙箱を廃して直熱式にしたのは成功だった。とくに、今回、寒波の最中だったから、もしそうしなければ温度を十分上げられなかったかもしれない。それと、発煙箱を使う場合より、あきらかに燻煙がしっかりかかっている。好みの別れるところだが、自分としてはややかけすぎが。

温干と余熱の時間は少し長すぎたかもしれない。次回は、60℃に達する前に見切り発車するか、あるいは風干した肉をいったん外に出して60℃になってから肉を入れなおすか(ちょっと面倒!)。余熱ももう少し短くてもよさそうだ。あるいは表面をもう少ししっとり仕上げるには、最後の加温の温度を70℃くらいに下げたらどうか…………などなど、思いつくことは限りない。

サツマイモを蒸かす

干し芋を作るにはサツマイモを蒸して、スライスし、干すという工程を経ることになる。スライスについてはすでに道具を作った。干すのは網戸を洗って流用すればいい。

問題は蒸し器だ。昔、毎年末に餅つきをやっていたころには、竈に掛ける釜と3段の蒸し器があったが、引っ越しのときに町会に寄贈してきてしまった。思いついたのはハチの巣箱。実はハチの巣箱を消毒するため蒸し器のようにして蒸したらどうかと考えていたが、そのまま中に芋を入れれば蒸し器になる。工作精度の問題で巣箱を重ねた場合、段間の隙間が気になるが、まあやってみることにした。

DSCN6082.jpg DSCN6083.jpg
水を入れ                    蓋というか蒸し器の底というか

DSCN6084.jpg DSCN6085.jpg
巣箱ならぬ蒸し器を置いて            屋根で蓋をする

3段で始めたが、目いっぱいに芋を入れると最上段までは十分蒸気が回りそうもないので2段に変更した。

DSCN6089.jpg 屋根の隙間から蒸気が噴き出す

11時ころに蒸し始めて延々と薪をくべ続けた。

DSCN6091.jpg 途中、串を刺して軟らかさを見る

DSCN6094.jpg 延々4時間蒸し続けた

3時を過ぎて冬の日も傾き、おっとそういえば今日は冬至かなどと思いつつ、時間切れのようなかっこうで蒸かし終わる。

蒸かし芋の皮を剥くというより、軍手でこそぐようにして取り去り、スライサーを通す。果たしてうまく切れるか心配したが、ここは難なく通過。

DSCN6096.jpg 芋はスイスイとカットできた

ひたすら皮をはいではスライサーを通し、適当な量が溜まると、網戸へ。

DSCN6097.jpg 右側は芋の皮と傷んでいた芋

DSCN6100.jpg スライスはすいすいできたが芋が白っぽい?

もう薄暗くなりかけたころ、やっとスライスした芋を網戸に並べ終わった。

DSCN6105.jpg 網戸に載せた芋

これを天気を見ながら1週間ほど天日干しする。しかし、残念ながら芋の蒸かしが足りなかったようだ。スライスした芋は白っぽくうっかり持つと割れてしまう。食べるぶんにはホクホクで旨いが、干し芋にするには芋がねっとり粘り気を持つまで蒸さないと。せっかく作ったのだから食べてはみるが、どんなものができるか?

結論からいうと初めての干し芋作りは失敗であった。

失敗の原因は2つ考えられる。ひとつは芋が大きすぎたこと。これは収穫時期を早めて調整するしかないが、来年、こんなに穫れるかどうか。もうひとつは、巣箱の工作精度が足りず、重ねた巣箱の隙間から蒸気が漏れて内部の温度が上がらなかったようだ。これは、なんとか漏れを防ぐ手を考えるしかない。

来季の芋の豊作を願うことにしよう。

味噌の仕込み

今年はだいぶ味噌の仕込みが遅くなってしまった。

6キロのマメを使うが、一度にはできないので3キロずつ2度に分けて茹で、20リットルのプラ容器2つに仕込む。

DSCN0313.png DSCN0314.png
塩切り麹 塩と麹をよくもんでおく一晩水に浸したマメ
DSCN0317.png DSCN0319.png
水を切り鍋で茹でること2時間半

今回一番苦労したのはカマド。終日南風でカマドの後から前へ吹いていた。煙はいつも薪をくべる方へ向かってくる。さらに古い薪がなくなって、伐採したての生木を使ったので一段と煙が多い。しゅうし燻されて涙はでるは鼻水は垂れるは。

DSCN0343.png DSCN0345.png
順調に燃えているしかし生木だと

DSCN0329_201605200845143a8.png DSCN0353.png
茹であがり 摘まむと旨いよひたすら潰す これ重労働

DSCN0349.png DSCN0330_201605200848502ce.png
塩切り麹と潰したマメを混ぜる これも重労働ぎっちりと詰め込む

2回に分けて同じ作業が続く。9時ころからはじめて、終了は5時。終わったころはへとへと。

もう相撲が始まっているので、後片付けは明日だ。

味噌の仕込み

恒例、味噌の仕込みだ。

去年はいつも頼むおたまやが混雑して、3月へずれ込んでしまったが、今年は2月中に済ませることができた。

前日、草に埋もれたカマドを組立直していると、ジョウビタキがものめずらしげに近寄ってきた。多分、物置を組み立てたときのと同じ個体だろう。

DVC00004_20150216223645af7.jpgDVC00009_2015021622364779b.jpg
またジョウビタキが遊びに来た
DVC00012_20150216223934735.jpgDVC00018_20150216224342066.jpg
組立直したカマド火床ができるまで時間がかかる

火を使うときは風は大敵。ここ数日は強風が続いてタイミングを見計らっていた。待った甲斐があって、今日は絶好の味噌仕込み日和。暖かく静穏だ。

今回豆は6キロ。一度にはできないので午前と午後に分けて茹でる。

DVC00015_20150216224341f1a.jpg
山形秘伝豆とか 緑がきれいだ 煮ると褪せてしまうが

茹で上がるのに2時間ほどかかる。

右奥の鍋に茹でた豆を入れ、その左のアルミの内鍋に適量移してマッシャーで潰す。これが最大の労働だ。マッシャーに体重をかけて豆を押しつぶす。たちまち汗水みずくになる。潰した豆を左端の大きなポリ容器に入れる。この繰り返し。ある程度、豆がたまったら塩切りした麹を入れ軽く混ぜておく

DVC00020_2015021622434493e.jpg
DVC00029_20150216224809178.jpgDVC00030_20150216224808fee.jpg
潰した豆の上に塩切り麹を入れたざっくり混ぜておく

豆をすべて潰し終わったら、大きなポリ容器のなかで潰した豆と仕切り麹をよく混ぜる。

豆・麹・塩がよく混ざったら、仕込みの容器に小分けに移し、拳で叩くようにして空気を抜く。以前は丸めて叩きつけていたが、それより拳で押しつけるほうがよさそうだ。

DVC00035_20150216224810d4e.jpgDVC00037_201502162248110c7.jpg
仕込み容器 拳で圧迫ラップを掛け内蓋と重石をすれば終わり
DVC00039_2015021622481349a.jpg
これだけの容器を使う前と後で洗うのも一仕事

これで今年の仕込みはお仕舞い…………はい、お疲れさん。

イチゴ・ヨーグルト・オールブラン

イチゴのプリザーブをさっそく使ってみた。

DVC00001_2014040208210583b.jpgDVC00003_20140402082106d94.jpg

オールブランの上に自家製のヨーグルトをかけ、できたてのイチゴ・プリザーブを載せる。

ヨーグルトの白とイチゴの紅の対比がなかなか美しい。イチゴの香りに誘われて口をつけると、甘みと酸味が渾然として、ヨーグルトの舌を包むような食感にイチゴの種のツブツブ感が加わり、さらにオールブランのサクサクとした歯ごたえが最後に来る。ええんでないかい。
OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム