継箱をする

現在、ニホンミツバチの巣箱は4段だが、ハチの数が増えてきて観察扉のある4段目までハチで埋まるようになった。夜、巣内の撮影のため巣箱へ行くと真っ暗な中にも巣門から多数のハチが外へ出ている。このため、扉を開け閉めするときにハチを潰す事故が起きるようになった。

DSCN4907.jpg
ハチが巣門から外へ出て涼んでいる 扉の裏にはびっしりハチたちがいる

巣箱をもう1段増やすことにした。そのついでに冬の引出式トレイ(掃除用)を外し、夏用の網床(OMF)に切り替える。

DSCN4918.jpg DSCN4919.jpg
仮置きの台、継箱、袴                固定ロープと波板を外す

いままでの3段目と4段目の間に継箱を入れる。そのために、屋根~3段目を仮置きの台へ移動する。移動しても静に扱えばハチたちはまったく騒がない。

DSCN4921.jpg
屋根から1~3段目を仮置きの台に載せる ハチに動揺する様子はない

伏せて土台にしたビールケースの中はササで一杯になっていた。ササを刈る。

ビールケースの上に置いてある板には巣箱内側サイズの開口部がある。冬のあいだは掃除用の引出式のトレイが開口部を塞いでいる。夏はこの引出式のトレイを外して、直接台座を置く。これにより網床が実現する。

DSCN4922.jpg 
土台にしたビールケースのなかはササでいっぱい ササは刈った

これまでビールケースは伏せて置いていたが、今回から反転させて、そのうえに巣箱内側サイズの開口部のある板を敷く。

DSCN4926_201707042146005ae.jpg 
箱を継いで5段構成となる 左側は取り外した引出式のトレイ

いままで引出式のトレイのあった部分が完全な開口となった。

DSCN4925.jpg 
巣底はOMF(網床)になって涼しそう

これで夏向きの換気は十分だろう。この巣箱はスダジイの木陰にあるので真夏の直射日光はほとんど当たらない。巣屑などのゴミは金網から下へ落ちる。

DSCN4924.jpg 
3~4段目の混雑は緩和

あとはハチの群れている写真の3段目が巣板で満ちてくれることを願うのみだ。

ことしも月下美人が

去年と同じ7月1日に最初の月下美人が咲いた。

DSCN4878.jpg 
昼間に白い花弁が見えるようになると今夜咲く合図だ

DSCN4891.jpg 
8分咲きかな

DSCN4900.jpg 
これで満開だね 馥郁とした香りが部屋に満ちる

あと何回咲くか楽しみ。

新しい道を拓く

今シーズンの分封時期はただ旧女王に去られただけで空しく終わりそうだが、分封群捕獲用に設置した待ち箱で気になることがあった。その場所が蜂場への直線の通路の行き止まりにあり、角度によって一般道から直接見えてしまうことだ。いまはまだ向かいのお宅の畑のおかげで、作物の陰になって直視はできないが、収穫が終わればそうはいかない。

残念なことだがこの辺りでも巣箱の盗難被害にはことかかない。待ち箱を設置したおかげで元の巣箱までなくなったとなっては踏んだり蹴ったり。

そこで外部からは見えないような通路を拓くことを思い立った。


字幕  再生中の動画にカーソルをあて右下の「字幕」ボタンを押すと表示

夏の終わりには旧道はアズマネザサに覆われて跡形もなくなり、待ち箱の姿も見えなくなることを願おう。

はじめて巣の中を見る

現在4段構成の巣箱の中は、実際に巣が作られているのは1、2段目だけ。3、4段目は空で、4段目には観察用の扉が付いている。

DSCN4345.jpg 
巣が作られているのは1、2段だけ。3段、4段目は空

巣内を観察するときは屋根を外して一番上から上桟越しに1段目の巣板を見るか、一番下(4段目)の観察扉を開けてカメラで撮った映像を見るしかない。3段目にまだ巣は作られていないから、カメラに写っているのは上桟とそこに集まっているハチたちである。要するに1、2段目の内部は営巣以来いまだ見たことがないのだ。

DSCN4339.png DSCN4335.jpg
屋根を外して1段目を見るか            扉を開けて3段目を撮影するか

ところで3段目以上の上桟は以前に設置したもので、自分なりに考えて結論に達した上桟の幅22mm、スペーサー6mmの条件に合っていない。1、2段目は巣が作られているので変えようがないが、3段目は空だから巣箱を最適の条件のものに差し替えることができる。

そこで3段目を差し替えるついでに、段間の隙間もテープではなく袴に変更することにした。

巣箱差し替えの手順としては、1、2段目を屋根ごといったん脇に置いた仮置き台に移してから、3段目を新しいものと差し替える。このとき、仮置き台に扉つきのものを用意して2段目を下から撮影しよういう魂胆。

DSCN4723.png DSCN4729.png
仮置き台を用意                  屋根ごと2段、2段を台の上へ

屋根ごと1、2段目を抱きかかえて、仮置き台にそっと置く(写真上右)。貯蜜があるからけっこうな重さがある。ハチたちが飛び出してくるかと思ったが静かなものだ。剥き出しになった旧3段目は巣門の前に降ろす(写真下)。

DSCN4698.jpg DSCN4705.jpg
旧3段目                     巣門前に置く

旧3段を巣門前に降ろしてもハチたちは騒がない。いずれ巣門から巣内へ戻るだろう。

DSCN4701.jpg 
はじめて見る2段目の内部

ハチたちが作った巣の全容を見るのはこれがはじめて。ハチの数が多いのか少ないのか判断基準がないのだが、まあまあというところか。嬉しかったのは巣箱の側面と平行に7列の巣板が整然と作られていたこと。

四角い巣箱でフラットな天井の場合、ハチに自由に巣作りをさせると、四角の対角線向きに巣板が並ぶのが普通だ。写真のような巣板の並びは、設置した上桟に合わせてハチが巣作りをしてくれたということ。上桟だけで、垂直方向の半枠もない。上桟による方向付けだけで、このように巣作りをしてくれることが確認できたことになる。(ただし、2段目はまだ上桟幅22mm、スペーサー6mmより広い巣板間隔である)。

DSCN4699.jpg DSCN4745.jpg
差し替える新しい3段目              差し替え後の3段目内部

さぞかし騒動になるかと恐れていたが、新旧3段目巣箱の差し替えはあっけないほど簡単にすんだ。同じ造りの仮置き台を用意したためか、1、2段目を屋根ごと仮置き台へ移してもあわてて飛び出すハチはいなかった。新3段目に交換し、その上へ戻すときもなにごとも起きなかった。

DSCN4748_2017061810572835d.jpg 
新しい3段目と袴に替わった巣箱

これで3段目に新しい充実した巣が作られれば、最上段の採蜜ができるのだが、はたして…………

コゲラの来訪

先日、コゲラが庭に遊びに来た。つついているのはサルスベリ。


OJer

清見寺 五百羅漢

OJer

OJerBlog更新:2016/11/30

西蓮寺大銀杏黄葉2016

最新の記事
過去の記事

全記事のリンク

ご近所ブログ
最新のコメント
カテゴリ
検索フォーム